アナルオナニーしてみたい?正しい手順と開発方法

How toとコツ

 

アナルオナニーに夢中になる女性が増えています。アナルオナニーとは、膣ではなくお尻を刺激するという、マスターベーションのテクニックです。アナルというと、何だか怖いような不衛生なような、そんなイメージがあるかもしれません。しかし、アナルオナニーには通常のヴァギナオナニーとは違った、独特の快感があります。

アナルで気持ちよくなるためには開発が必要ですが、開発に成功すれば性感帯が増えることが魅力です。アナルで感じられるようになると、セックスのときもアナルプレイができるので、彼とのエッチのバリエーションも増えるでしょう。

しかも、アナルオナニーをサポートしてくれるグッズはたくさんあるので、思ったより気軽に楽しめるかもしれませんよ。ただし、アナルはヴァギナとは勝手が全く違うので、普段のオナニーと同じようにアナルオナニーをすることはできません。

事前にいくつか準備を整えておいて、安全面にも気をつける必要があります。逆にそういった点に注意すればアナルオナニーは危険なものではないので、安心して楽しむことができるでしょう。そこで本記事では、アナルオナニーの魅力やメリット、具体的なやり方やセックストイについて詳しく解説します。

アナルに興味のある人へ

このページをご覧になっているということは、あなたはアナルオナニーに興味があるのかもしれませんね。アナルオナニーやアナルセックスは、アナルつまり肛門を使って、性的快感を得るというプレイです。そのためアナルというと、何だか汚い印象があったり怖い感じがしたりして、避ける人は少なくありません。

しかし、それでもアナルオナニーに興味があるというのは、とても喜ばしいことでしょう。また、アナルには興味ないけれどたまたまこのページを開いてしまった……という人も、この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アナルオナニーはクリトリスやヴァギナではなく、あえてアナルを刺激して気持ちよくなろうというテクニックです。しかし、なぜアナルなのでしょうか。アナルでのオナニーには、クリトリスやヴァギナとは違った快感や興奮があるからです。

私たちの性感帯というと性器周辺やおっぱいがメインで、アナルは全く関係ないようなイメージがあるかもしれません。実はアナルも性感帯のひとつなのです。ところが、アナルは性感帯ではありますが、ほとんどの人はまだそこで快感を得ることはできません。なぜなら、普段からアナルを刺激することがないからです。

性感帯で気持ちよくなるためには、「開発」という作業が必要になります。例えば、クリトリスオナニーでのオーガズムを目指す際は、オナニーをやるたびにクリトリスを丁寧に愛撫して、少しずつ感度を高めていくでしょう。Gスポットや乳首など、他の性感帯で感じるようになりたい場合も同じです。

アナルでも同様で、アナルでのオナニーやセックスで感じるためには、地道な開発が欠かせません。最初はほとんど快感など得られなかったアナルでも、開発に成功すればどんどん感じるようになって、オーガズムを強力にサポートしてくれるでしょう。

アナルを開発するメリット

アナルを開発する大きな目的は、オナニーやセックスで気持ちよくなれるようになることです。そのためには、アナルを自身で開発する必要があります。アナルの開発といっても、何か特殊なことをするわけではありません。

クリトリスやヴァギナを感じやすくするのと同じような感じで、アナルを性的刺激に慣らしていくのです。そうした快感を得られることだけではなく、アナルを開発すると次の3つのメリットを得ることができます。

・性感帯を増やすことができる
・ポルチオ開発もできる可能性あり
・セックスのバリエーションが増える

アナルを開発する大きな目的のひとつは、性感帯を増やすためでしょう。性感帯を増やせば、それだけ快感を高めやすくなります。さらに、アナルの奥の方を刺激すれば、ポルチオという膣内の性感帯も刺激できるかもしれません。

こうしてアナルが性感帯として活躍できるようになると、彼とのセックスのバリエーションも増えます。彼がアナルプレイに興味があるなら、とても喜んでくれることでしょう。

性感帯が増える

オナニーやセックスで快感を得るためには、性感帯がとても重要になります。性感帯とは感じやすいスポットのことで、クリトリスやGスポットが特に有名ですよね。もちろんひとつの性感帯が敏感であればあるほど良いのですが、性感帯は数も大切です。

例えば、クリトリスしか感じない人と、クリトリスと乳首が感じる人がいれば、両方とも敏感な人の方が快感を得られるチャンスが増えます。アナルを開発すると、そういった気持ちいいポイントのリストに、アナルも加えることができるのです。

アナルが性感帯というと不思議な感じがするかもしれません。しかし、アナルの周辺にはたくさんの血管や神経が通っているため、実は刺激に対してとても敏感です。

敏感であるがゆえに、開発が進む前は快感より痛みの方を強く感じてしまうのですが、開発によって刺激に慣れてくると快感が得られるようになっていきます。つまり、アナルは開発して磨くことによって、他の性感帯と同じように感じられるようになるということです。

クリトリスやGスポットとは違って、アナル自体がオーガズムを発生させることはまずありません。一方で、オーガズムをサポートすることはできます。例えば、オナニーやセックスで中イキを目指したいときに、性器と一緒にアナルを刺激するなどです。

このようにすると、快感が高まってオーガズムに達しやすくなります。前(ヴァギナ)だけではなく後ろ(アナル)でも気持ちよくなれるなんて、まるでオーガズムのチャンスが2倍になるようなものです。とても大きなメリットですよね。

ポルチオ開発もできるかも?!

アナルを開発する過程で、ポルチオも開発できる可能性があります。ポルチオ性感帯とは、膣内の一番奥の子宮頸部にある性感帯です。ポルチオは未解明の点が多いスポットですが、ここを刺激するとGスポットのような深いオーガズムに達することがあります。

しかし、ポルチオもアナルと同じように通常は性感帯として機能していないことが多いので、ここで快感を得られるようになるためには開発が必要です。ただしポルチオは膣の一番奥にあるため、マスターベーションやセックスで開発するのは、なかなか難しいこともあります。

しかし、アナル側からポルチオを開発することが、場合によっては可能なことがあります。膣内の性感帯なのだから、アナルとは全く関係ないように思えるかもしれませんが、ポルチオが存在する位置が重要な要素です。

ポルチオは子宮下部についているため、膣内の中でも背中側に位置しています。まれにアナルセックスでオーガズムに達したというエピソードがありますが、前述したようにアナル自体にはオーガズムを生じさせるような機能はありません。

それではなぜアナルでイクことがあるのかというと、腸壁を通じてポルチオが刺激されているからです。つまり、アナルをペニスに挿入してセックスすると、間接的にポルチオまで刺激が伝わって、それでオーガズムに達する可能性があるということ。

見方を変えれば、オナニーでアナルを開発するときに、あえて子宮頸部に当たるようにセックストイなどを動かすことができれば、アナル側からポルチオを開発することもできると言えるでしょう。アナルとポルチオの同時開発ができれば、一気に2つも性感帯が増えることになり、まさに一石二鳥ですよね。

セックスのバリエーションも増える

アナルを性感帯として開発することができると、セックスのバリエーションも増えます。なぜなら、前戯のときに性器と一緒にアナルを愛撫することや、ペニスをアナルに挿入してアナルセックスをすることもできるからです。

女性がセックスで快感を得るためには、事前のしっかりとした前戯が欠かせません。前戯は性感帯を愛撫することで行いますが、このときもやはり性感帯は多い方が効果的で、クリトリスやヴァギナを十分に濡らすことができます。性器の感度が高まれば、その後の挿入の快感も格別なものになるでしょう。

また、アナルが開発されてセックスのバリエーションが増えると、セックスのマンネリ解消にも役立ちます。どんなカップルでも付き合いが長くなれば、セックスは少なからずマンネリ化してしまうもの。

マンネリの解消には新たな刺激が必要なのですが、そんなときアナルは大きな威力を発揮するはず。アナルの締まりはヴァギナよりもキツくて、男性が強い快感を得ることができるからです。

アナル周辺は肛門括約筋という非常に強力な筋肉に包まれていて、男性はペニスが締めつけられる快感を満喫できます。しかもアナルセックスで奥まで挿入されると、前述したようにポルチオも少なからず刺激されるので、女性の方でも今までにない快感を楽しめるかもしれません。

ただ、アナルセックスを行う際は、そのままペニスをヴァギナに挿入しないようにするなど、衛生面には注意が必要です。このように、安全面にさえ注意すれば男女双方の快感を大幅に高められるというのは、アナル開発の大きな魅力だと言えるでしょう。

アナル開発の手順

アナル開発を行うと、オナニーやセックスの快感が大幅に高まります。しかし、いざアナル開発を行おうと思っても、どのようにやれば良いのか手順が分かりづらいのが難点。

アナルはとても繊細で傷つきやすいので、間違ったやり方でやってしまうと怪我のリスクがあり危険です。そのため、アナルの開発を行う際は必ず次の5つの手順どおりに行い、安全面や衛生面に注意しましょう。

・必ず肛門と直腸を浣腸しよう
・まずは指を挿入して慣らす
・グッズでアナルを拡張する
・セックストイを使ってみる
・アナルセックスにチャレンジ

アナルオナニーを行う上で非常に重要なのが、衛生面でのケアです。アナルはそもそも排泄のための器官なので、綺麗な場所だと言うことはできません。そのままアナルをいじると、汚れが気になって集中できないことも……。

そのため、アナル開発を行う際は浣腸が必須です。アナルと直腸が綺麗になったら、指やセックストイで慣らしながら開発を進めます。開発が順調に進んだら、アナルセックスにもチャレンジできますよ。

浣腸をしよう

アナルをそのまま開発してはいけません。アナルオナニーを行う際は、必ずアナルと直腸を洗浄しておく必要があります。なぜなら、アナルをそのままの状態でいじると、汚れなどが気になって集中できなくなってしまうからです。

アナルや直腸はそもそも排泄器官なので、どうしても汚れが目立ってしまいます。衛生面で大きな問題がありますし、気持ちよくなるためには、快感に集中できる状態であることが必要です。そのため、アナルを開発する際は、必ず事前に浣腸をしておくようにしましょう。

浣腸とは直腸の洗浄液のことで、専用の薬剤を肛門へ注入してしばらく待ってから排出すると、一気に洗浄することができます。浣腸するとアナル内部が綺麗になるので、基本的には汚れを気にせずにアナルオナニーを楽しむことができるでしょう。浣腸については後ほど改めて詳しくご紹介します。

ただし、浣腸は頻繁にやりすぎると直腸の自浄作用が低下して、便秘の原因になってしまうことがあるようです。週に1回くらいであれば問題はないはずですが、2日~3日に1回などアナルオナニーの頻度がある程度高い場合は、別の方法でアナルを洗浄した方が良いかもしれません。

アナルの洗浄方法は、浣腸の他に水流による洗浄があります。ぬるま湯のシャワーをアナルに当てながら肛門を緩めて水分を入れて、少し待ってから一気に水分を排出してみましょう。これを5回ほど繰り返すと、排出される液体が透明に近くなるはずです。

この方法でアナルの内部をある程度は洗浄することができます。自宅にウォシュレットがある場合は、シャワーの代わりに使えるので便利です。ただし、これらのやり方は浣腸と比べると洗浄効果は低いので、アナルオナニーの頻度を抑えて浣腸をする方が良いでしょう。

まずは指を挿入

アナルを浣腸もしくは洗浄して綺麗にしたら、いよいよ指を挿入していきます。ただし、いきなり指を入れることはできません。アナル周辺は強力な筋肉に包まれているので、肛門は固く閉ざされています。

しかもアナルはとても繊細なので、そのまま無理に入れようとすると、怪我をしてしまうリスクがあるため危険です。そのため、指を挿入する際はまずアナルまわりをしっかりほぐして、慣らしてから進めていきます。アナルを指で押すようにして、マッサージを行いましょう。

マッサージしてアナルをほぐしたら、次はいよいよ指を挿入していきましょう。その際はアナルローションを使うのがおすすめです。また、指を挿入するときは衛生上の観点から、コンドームや指サックを指に装着しておくことをおすすめします。

指はまず小指から入れてみると良いでしょう。一番細い指なので、しっかりほぐれていれば特に問題なく入るはずです。ただし、いきなりグッと突っ込むのではなく、ゆっくり丁寧に半分くらいのところまで入れましょう。それから指を少し前後に動かして慣らします。

小指での愛撫が完了したら、次は人差し指や中指にチャレンジしてみましょう。こちらも指の挿入方法や動かし方は、先ほどと同じような調子で構いません。先ほどと同じように指を挿入したら、ゆっくりピストン運動して慣らしてみてください。

奥まで入れることができたら、最後に人差し指と中指の2本指を同時に挿入してみましょう。セックストイやペニスは2本指よりも太いので、アナル開発のためにはこの壁を乗り越える必要があります。アナルの開発はとにかくゆっくり丁寧に進めることが重要なので、着実に進めていきましょう。

グッズで拡張

アナル開発の鍵は、いかにしてアナルを「拡張」するかです。実際にアナルで快感を得られるようにするためには、後述するディルドやバイブレーターなど、ペニスに近い太さのものを挿入する必要があります。

そこで問題になるのは、アナルがあまりにキツすぎて、セックストイが全然入らないということです。無理に挿入しようとすると、アナルを怪我してしまう恐れもあるので、なかなか難しいところですよね。そこで大きな威力を発揮するのが「バットプラグ」です。

バッドプラグはアナルプラグとも呼ばれ、アナルに挿入することで肛門を拡張できるというグッズです。しかも、バットプラグは挿入しっぱなしにして、日常生活を送るというのがユニークなところ。

通常はアナルの拡張ができるのは、アナルオナニーをする数分~数十分くらいの時間しかありません。そのため、なかなか効率的なアナル拡張を行うことができず、思うようにグッズを挿入できないということがあります。

アナルプラグを使用すれば、挿入しっぱなしの状態で日常生活を送ると、自動的にアナルを拡張してくれます。しかし、アナルプラグを使用する際は、挿入時間や衛生面、サイズなどに注意が必要です。

アナルプラグは基本的に挿入しっぱなしで使いますが、少なくとも就寝中くらいは外すようにしましょう。外したときはプラグを徹底洗浄することも大切です。なお、いきなり太すぎるプラグを無理に挿入すると痛いので、まずは細めのものからチャレンジしていきましょう。

セックストイを使う

バッドプラグでのアナル拡張が進んだら、次はいよいよセックストイによる、本格的なアナル開発を行えるようになります。ここで重要になるグッズは、アナルビーズやアナルディルド、アナルバイブレーターといったものです。

各グッズの詳細は後ほど改めて解説しますが、アナルビーズはアナルの拡張や開発のために使います。アナルディルドやアナルバイブは、まさにアナルに性的刺激を与えて快感を得るためのグッズですが、アナルバイブには電動機能がついていることが特徴です。つまり、アナルバイブは挿入するだけでアナルを刺激できるということ。

アナル開発をするときには、肛門周辺を集中的に攻めることが重要になります。なぜなら、直腸内部では快感を得ることは不可能で、アナルで気持ちよくなれるのは肛門周辺だけだからです。肛門まわりには血管や神経が無数に通っているため、上手く開発して性的刺激を与えれば、快感を得ることができます。

直腸内でも、先ほどご紹介した子宮頸部付近の「アナルポルチオ」だけは、バイブやディルドなどで刺激すれば快感を得られるかもしれません。肛門から10cmほど挿入したところで、お腹側に押し込むようにディルドを動かせば、アナルポルチオを刺激できるでしょう。

アナルオナニーで最も大切なことは、アナル開発には相当の時間を要するということを理解して、落ち着いた気分で焦らず丁寧に開発を進めていくことです。焦れば余計に快感は遠ざかりますし、怪我をするリスクも高くなってしまいます。

こういったセックストイで十分に快感を得て、遊べるようになったらアナル開発は大成功です。最初の方こそ痛みが強くて、快感どころではなかったかもしれませんが、これからはアナルでも十分に気持ちよくなれることでしょう。このレベルに達したら、いよいよ彼とのアナルセックスができるようになります。

アナルセックス

セックストイを活用してアナルを開発できたら、彼とのアナルセックスができるようになります。もし彼がアナルプレイに興味があるのなら、ぜひともチャレンジしてみましょう。ただし、アナルの開発が不十分な段階では、アナルセックスをしてはいけません。

アナルはとても傷つきやすいので、無理にやると肛門に重大な損傷が生じて、人工肛門やおむつを付けないといけなくなることもあります。アナルセックスをしながら開発というのも困難なので、あくまでアナルの開発が終わった最後の段階で行うようにしてください。

アナルセックスを行う手順も、先ほどご紹介したアナルオナニーの手順とほとんど同じです。まずは肛門と直腸の浣腸や洗浄を行い、それから彼に指でアナルをほぐしてもらいます。指を1本挿入して慣らし、2本入るまで丁寧な愛撫が必要です。

セックストイを活用して、アナルを慣らしていくのも良いでしょう。前戯が終わったら彼のペニスを挿入するときですが、コンドームは絶対に装着してください。アナルセックスを生挿入で行うのは、お互いにとって極めて危険なことです。ペニスにコンドームを装着したうえで、アナルローションをたっぷり塗って挿入しましょう。

後は彼が動いてアナルセックスを進めるだけなのですが、動き方には注意が必要です。いつものヴァギナと同じような感じで動くと、まず間違いなくアナルを損傷してしまうでしょう。場合によっては、彼のペニスがディルドやバイブより太いこともあるので、なおさら危険があります。

まずはゆっくり浅く挿入して、しばらく動かないでアナルを慣らしましょう。それから徐々にピストン運動を始めて、奥まで挿入してもらいます。面倒なことかもしれませんが、こうして手間をかけて慣らす方が、遥かに安全かつ気持ちいいアナルセックスを楽しめるのです。

アナル開発におすすめのグッズ

先ほどご紹介した手順でアナルの開発を行えますが、やはり指だけでアナルを慣らすのは極めて困難です。そのため、アナルを開発する際は、セックストイも活用することをおすすめします。

アナル用グッズの一部については先ほども軽く触れましたが、ここではさらに踏み込んでセックストイを検証していきましょう。アナル開発に効果を発揮するセックストイとして、次の7つのグッズが特に有名です。

・浣腸
・バットプラグ
・アナルディルド
・アナルビーズ
・アナルバイブ
・ローション
・コンドーム

アナルと直腸を綺麗に洗浄してくれる浣腸は、アナルの開発やプレイに欠かせません。アナルは筋肉によって固く閉ざされているため、ほぐして広げるのはなかなか大変です。

そこで、バットプラグやアナルビーズで拡張すると、比較的楽に開発が進みます。アナルディルドやアナルバイブはアナル開発に効果絶大ですが、安全面と衛生面のために必ずコンドームとローションも併用するようにしましょう。

浣腸

アナル開発を清潔に行うためには、浣腸は欠かすことができません。浣腸とはそもそも、便秘に悩む人が排便を促進させたり、腸内の状態を整えたりするために、肛門から薬剤を注入することです。

浣腸には主にグリセリン液やクエン酸ナトリウムなどが含まれていて、肛門内に注入すると浸透圧(物質を引き寄せる作用)によって大腸が刺激され、蠕動運動(排泄物を押し出す作用)が活性化して排出されます。つまり、浣腸を行うことによって、アナル内部を洗浄できるということです。

浣腸というと面倒くさいような気がするかもしれませんが、使い方自体はとても簡単です。まずは浣腸の薬剤が入っている容器のキャップを取り、軽く押して薬剤を少しだけ出しておきます。こうすると注入部の滑りが良くなるので、肛門に注入するときの痛みを軽減できるはずです。

それから浣腸の先端部分を肛門の奥の方まで優しく挿入します。容器を押して薬剤をすべて注入したら、5分ほど待ちましょう。強烈な便意を感じますが、浣腸を注入してからすぐに排出すると、薬剤だけ出てしまうので注意が必要です。5分ほど待ってから一気に出せば、直腸内の洗浄が完了します。

ただし、使用する浣腸によってやり方がそれぞれ異なるので、必ず説明書の注意書きに従って使用してください。また、保管状態や外気温などの影響で、浣腸の薬剤が冷たくなっていることがあります。

冷たい薬剤を注入するとお腹が痛くなることがあるので、薬剤の容器をお湯に浸けるなどして人肌程度に温めておきましょう。浣腸は腸の運動を活性化させることで排泄を促すものですが、前述したように頻繁に使いすぎると腸の自浄作用が低下します。そのため、浣腸は週に1回以内にする方が良いでしょう。

バットプラグ

バットプラグ(アナルプラグ)は、アナルに挿入するプラグ状のグッズです。主な効果は肛門を拡張することにあり、アナルの開発を強力にサポートしてくれます。アナルの開発時に大変なのが、肛門が固くてセックストイがなかなか入らないことです。

肛門は意図せぬタイミングでの排泄を防ぐために、肛門括約筋などの組織で固く閉ざされています。無理にグッズを挿入すれば、アナルを損傷してしまうリスクがあるので危険です。バットプラグはそういった問題を解決してくれます。

バットプラグは通常のアナル用グッズとは異なり、装着した状態で日常生活を送るためのものです。アナルプラグはベースの土台部分の上に、円錐型のコーンが乗っているという独特の形状をしています。

このコーンの膨らんだ部分がちょうどアナルに当たることによって、肛門を押し広げてくれるのです。ただし、こちらもいきなり挿入することはできないので、まずは通常どおりアナルをほぐす手順を行ってから、バットプラグにアナルローションを塗って挿入します。

奥に入れすぎると痛いばかりか拡張効果が薄れるので、コーンの半分くらいのところまで挿入しましょう。アナルプラグを真ん中ぐらいまで挿入した後は、動かさずにそのままの状態にします。後はアナルプラグが自動的に、アナルを拡張してくれるでしょう。

アナルプラグは太いので、最初はなかなか慣れないかもしれません。動くことによって振動も伝わるので、痛みが出ることもあります。そのため無理をせずに、痛みや不快感が出るのであれば、一度抜いてしまいましょう。

痛みを感じなくても、最長でも7時間~8時間ごとに取り出すようにしてください。なぜなら、直腸は水分などを吸収する働きが強いため、バットプラグに塗ったローションが乾いてしまうからです。

そうなると、プラグを取り出すときに摩擦が生じて痛くなったり、腸壁とプラグが密着して出しにくくなったりします。アナルプラグを一度出した後は綺麗に洗浄して、必要に応じて排便などを済ませてから、またアナルプラグを挿入しましょう。なお、就寝中はアナルプラグを外しておいてください。

アナルディルド

アナルディルドはアナルプレイ専用のディルドです。そもそもディルドとは、ペニスの形状を模したセックストイで、リアルな挿入感を楽しむことができるのが魅力。アナルディルドは通常のディルドとは異なり、アナルプレイに適した設計となっています。

アナルはヴァギナよりも締まりが強いため、挿入時の負担が少ないことが重要です。そのため、アナルディルドは先端が細くなっていたり、腸壁を痛めにくいように柔らかい素材が使用されていたりします。

アナルディルドを使用する際は、丁寧な愛撫を行ってアナルを慣らしておくことが重要です。ローションをたっぷりと塗って丁寧に挿入し、ゆっくり前後に動かしましょう。ディルドには振動機能はないので、基本的には押すことによる圧迫や摩擦による刺激がメインになります。

アナルディルドを使用する際のコツは、アナルポルチオを刺激することです。前述したように、女性の最も深い性感帯であるポルチオは、アナル側から開発することができます。

ポルチオはアナル側から見ると上部(膣の方)にあるので、ディルドをお腹側に押し上げるようにして動かすと、ポルチオを効果的に刺激することができます。上手くいけばアナルとポルチオを同時に開発することができて、セックスの快感を飛躍的に高めることができるかもしれません。

なお、ディルドの冷たさが気になる場合は、お湯などで人肌くらいの温度に温めておくことをおすめします。アナルディルドの挿入感は本物のペニスに近いので、セックスのための開発や練習に最適だと言えるでしょう。

アナルビーズ

アナルビーズはとても変わったグッズで、ビーズのような球がたくさん繋がっている、アクセサリーのようなセックストイです。アナルビーズはアナルの拡張や開発のために使います。

特に、ディルドやバイブが太すぎて入らない場合に、まずアナルビーズを使ってアナルを慣らしていくことが多いです。アナルビーズを奥まで挿入して前後に動かすと、アナルを簡単に愛撫できますし、コロコロとした独特の感覚で気持ちよくなることもできます。

アナルビーズの素材は、金属やプラスチックのような硬質のものや、シリコンやラテックスなど軟質のものなど様々です。初心者の方は、できるだけ柔らかいものを選ぶ方が、痛みを軽減して開発できるので良いでしょう。アナルビーズを選ぶときは、ビーズの大きさにも注意が必要です。

だいたい直径2cm~5cmのものが多いですが、小さめのものから使用することをおすすめします。アナルビーズがスムーズに入るようになったら、ディルドやバイブレーターでの開発を進めましょう。

アナルバイブ

アナルバイブはアナル用のバイブレーターです。バイブレーターはいわば振動機能のついたディルドで、手で細かく動かさなくても刺激を与えることができます。アナルバイブも基本的な部分は通常のバイブと同じですが、アナルに使いやすいような工夫が加えられていることが特徴です。

アナルバイブは基本的に通常のバイブよりも細く、直径が2cmくらいしかないスティック状のタイプもあります。前述したアナルプラグやアナルビーズに振動機能がついたものもあるなど、バリエーションも様々です。

これまで登場したグッズと同じように、まずはアナルを丁寧に愛撫して慣らしていきます。それからバイブにコンドームを装着してアナルローションを塗り、ゆっくり挿入してから振動機能をオンにしましょう。

なお、ポルチオ性感帯をアナル側から刺激するテクニックをご紹介しましたが、実はGスポットもアナル側から刺激できる場合があります。バイブをお腹側に押し当てるようにして振動させると、その刺激がGスポットに伝わって快感を得ることができるでしょう。

この「裏Gスポット」を攻めるテクニックを活用すれば、上手くいけばオーガズムを近づけることができるかもしれません。バイブレーターは動かし方が重要です。激しく動かしたり突いたりするのは、効果的なように思えて実はそうではありません。

バイブは振動機能があるので、ほとんど動かさなくても刺激は伝わります。それよりも少し押し込んだり角度を変えたりする方が、より効果的にアナルや膣内の性感帯を刺激することができるのです。

ローション

アナルの開発やアナルオナニーを行う際は、絶対にローションが必要になります。なぜなら、ローションなしでアナルに指やグッズなどを挿入すると、まず間違いなくアナルや直腸を損傷してしまうからです。

アナルが傷つくと非常に痛いだけではなく、切れ痔や痔瘻などはもちろん、感染症の原因にもなってしまいます。そんな事態は避けたいですよね。そもそもアナルや直腸は生殖器ではないため、何かを挿入することに対する耐性はありません。しかも、アナルは性的刺激を加えても、ヴァギナのように濡れることもないのです。

アナルプレイを安全に行うために欠かせないのが、潤滑性を高めてくれるローションです。ローションをアナルやグッズに塗れば、ヌルヌルと滑りがよくなるので、アナルを傷つける恐れのある摩擦を低減できます。

つまり、ヴァギナをしっかり愛撫して濡らしたときのように、肛門を濡らしてくれる働きをするのがローションだということです。ただし、ひとくちにローションと言っても様々なタイプがあり、中にはアナルプレイに適切ではないものもあります。そのため、ローションの選び方は重要です。

ローションには成分ごとに、ウォーターベース・シリコンベース・オイルベースの3種類のものがありますが、基本的にはウォーターベースがおすすめです。ウォーターベースは粘度が高くて膜が厚いため、アナルプレイの痛みを軽減するのに向いています。

しかも値段が安いため、気軽にたくさん使いやすいものポイント。オイルベースはラテックス性のコンドームを破損させてしまい、シリコンベースは高額なためおすすめできません。さらに、アナルプレイ用のアナルローションを選ぶ方が、アナルや腸壁を保護してくれる成分が入っているので安心です。

コンドーム

アナルオナニーや開発を行う際は、できればコンドームを用意しておくことをおすすめします。なぜなら、コンドームは汚れなどの付着を、かなりガードしてくれるからです。繰り返しになりますが、アナルは排泄のための器官であるため、衛生的なところだとは決して言えません。

そのため、そこへ指やセックストイなどを挿入すると、必ず汚れやウイルスなどが付着してしまうものなのです。アナルに入れた指をそのままにして、ヴァギナや口などに触れてしまうと、危険な感染症の原因になってしまいます。

ここで役に立つのがコンドームです。コンドームは避妊具として有名ですが、性感染症を予防するためにも使用します。なぜなら、ペニスとヴァギナの接触をガードして、ウイルスなどの感染を防ぐことができるからです。

つまり、アナルに指やセックストイなどを挿入するときにコンドームをつけると、指などが汚れるのも防げるということ。指につけるのはアナル用指サックでも良いのですが、汎用性の観点からはコンドームの方が便利です。コンドームであれば、ディルドやバイブレーターなどに装着して、セックストイを衛生的に使用することができます。

コンドームを装着してから使えば、使用後はコンドームを外して捨てるだけなので、後始末の手間を大幅に省くことができます。ただし、コンドームを装着すればグッズの洗浄をしなくても良い、というわけではありません。

グッズにコンドームを装着した場合であっても、何らかのタイミングで汚れが付着している可能性はあります。そのため、アナルに使うグッズは使用前後に必ず洗浄するようにしてください。なお、コンドームの種類はたくさんのものがありますが、特に薄いタイプなどを使う必要はないため、コスト優先で選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回は、アナルオナニーの魅力やメリット、具体的なやり方やセックストイについて詳しく解説しました。アナルプレイには不安がつきものですが、正しい手順で実践すればアナルを安全に開発することができます。

しかも、アナルの開発に成功すれば性感帯を増やしたり、セックスのバリエーションも増やしたりすることができます。そのためには、アナルを洗浄してしっかり愛撫してから、指やセックストイなどでアナルを慣らすことが重要です。

まずは肛門と直腸を浣腸、もしくはシャワーなどによる水流で洗浄します。それから指を1本挿入して動かし、2本まで入るように慣らしていきましょう。アナルの拡張はなかなか難しいので、バットプラグを使ってみるのがおすすめです。

さらに、アナルディルドやアナルバイブレーター、アナルビーズなどのセックストイに、たっぷりのアナルローションを塗って挿入しましょう。必要に応じてコンドームも装着すれば、安全なアナルオナニーを楽しめます。

アナルの開発にはかなり時間を要しますが、焦ってはいけません。週に1回だけ少しずつでも開発にチャレンジしていけば、着実に快感を得られるようになっていくでしょう。開発に成功すれば、彼とのアナルセックスを楽しむこともできます。

その際には彼に動き方に注意してもらって、ゆっくり慣らしながら動いてもらうようにすることが大切です。せっかくアナルに興味を持ったからには、ぜひ開発して今までと違った快感を楽しんでみてくださいね。