【クリイキ女性向け】クリトリスで気持ち良くなる方法!コツと開発方法

How toとコツ

クリイキって何?クリトリスでいけるのか?


クリイキというのは、クリトリスでイク(オーガズムに達する)事です。

クリ=クリトリス、イク=オーガズムのことですね。

クリを刺激することで性的興奮が頂点の達すると、クリは膨張し、体は痙攣し、頭は真っ白になります。

そして身体的にも精神的にも快感を覚えることができます。

クリイキは、コツさえ掴めば誰でも簡単にイクことができるようになるため、「まだイッたことがないけど、イってみたい」人や、「イクってどんな感じ?とても興味がある」というふうに思っている人にはおすすめです。

またクリイキは、ただ気持ちいいだけでなく、美肌効果などの様々な効果があるため、あなたの女性磨きにも一役買ってくれる存在といえるでしょう。

クリイキって?だれでもできるの?


結論を言えばクリイキとは、クリトリスでイクことです。
 
クリイキの方法には、大きく分けて2種類あると言えます。それは、自分でクリトリスを刺激(オナニー)し、イク方法。
もう一つは、男性に(パートナー)に愛撫してもらい、イク方法です。

そして慣れてしまえば比較的簡単にイクことが出来るのが、前者の自分でクリトリスを刺激(オナニー)する方法です。それは、自分で力加減もできますし、気持ちいい場所も探しやすいからなんですね。

クリトリスは神経が集中している箇所であり男性で言えば、亀頭の位置にあります。感度は他の器官の20倍、非常に敏感で、「クリトリスは性的快感を得るためだけにあるのではないか」と言われています。
 
クリトリスを刺激することで、オーガズムに達すると、クリが大きく膨らんで、体に電気が走ったような感覚に陥り、脳から幸福物質が分泌されます。一度経験したら、病みつきになるかもしれない、それくらい気持ちいいんです。

そしてだれでもできますし、比較的簡単です。

しかし、イッたこと自体がない人や、性的な経験や知識が少ない人からしたら「全然クリトリスでイケない…。」と悩んでいる人もいるでしょう。

原因は様々あります。刺激の仕方がわからなかったり、逝きそうになると初めての感覚から恐怖感や不安感を抱きクリへの刺激をやめてしまうことも…。

でも、安心してください。当記事では、そんな悩めるあなたやクリイキの興味津々のあなたにクリでイケるよう指南し、それがもたらす素晴らしい効果や快感を余すことなく伝えます。これを読めばあなたの答えがきっと見つかることでしょう。

クリイキと外イキ、中イキの違い


外イキ、中イキという言葉をご存じでしょうか?なんだかクリイキと響きは似ているのですが…。

実はこのクリイキという言葉以外にも〇〇イキという言葉が数種類あります。中イキや外イキ、耳イキ、奥イキなどがあり、それぞれ快感も違いますし、刺激する場所も違います。

この中で外イキというのは、性器の外でイクこと、つまりクリトリスでイクことと言われています。クリイキ=外イキなんですね。

対して中イキというのは、Gスポットを刺激することでイクことを指します。ちなみにGスポットとは、膣の中の前方付近(おなか側)にある性感帯で,膣口から中指を挿入して、曲げたときに触れた場所(個人差あり)にあります。

さて、この2つ、どちらも性感帯です。どう違うのか?むしろ違いはあるのか?ということなんですが、それは主に2つの違いあります。それは快感の種類とオーガズムに達するまでの難易度です。

まず、外イキ。冒頭からお話ししている通り慣れれば難易度は、比較的簡単です。中イキと比較すると快感は浅めで、快感の持続時間は短いです。

そして、中イキ。難易度は高めです。それはGスポットが膣の内部にあり、目では確認できないからでしょう。見えないものを指で探るという作業が必要になりますし、とても感覚的なのですからね。

体の中からじわじわくる快感は深く、持続時間は長いです。

外イキ=クリイキです。オナニーで、オーガズムを得たいのであれば、最初はクリイキをマスターしましょう。

クリイキってどんな感じ?


 経験が浅いと「クリイキするとどうなっちゃうんだろう」、「初めての感覚で怖い…。でも気になる。」など、様々な思いがあるかと思います。

「経験のある友達に聞きたくても恥ずかしくて聞けない」、「そもそも回りに聞ける人がいない」という人もいるでしょう。ここではそんな思いにお応えします。

クリトリスを刺激していくとだんだん体がほてってきて、脈も早くなります。

そして刺激している最中もじわじわと快感が下半身に広がっていき、性的興奮が頂点に達すると体が「ビク、ビクッ」と痙攣し、まるで体中に麻薬入りの電流を流されたような感覚になります。

また、快感の持続時間は短いです。「じわじわくる快感からの解放」と言えるでしょう。

「じわじわくる快感からの解放」は、ジェットコースターが登ってゆき頂上に達すると一気に猛スピードで走り出す感じ、蛇口からバケツに汲んでいる水が、容量オーバーとなり一気に流れ出すようなさま、などに例えられます。

外部からの刺激なので、乳首や耳、背中などを責められているのと似た部分があるのかもしれません。

しかし、クリトリスの感度は他の器官とは比べようもなく高いですし気持ちいいものですが。

初めてクリイキを経験すると理由はわからないけど、罪悪感に苛まれる人がいます。

ですが、問題ありません。みんなしていますし、クリイキを繰り返せば「こんなに素晴らしいものだったんだ」と気づくことが出来ます。

クリトリスでイクためのテクニック(オナニー)


 オナニーでクリイキするテクニックとしては、クリの場所の把握、指の動かし方、体勢、おもちゃのアダルトグッズの使用などが挙げられます。 

クリイキはオナニーの方が達成しやすいです。

オナニーのほうが自分で刺激の強弱もできますし、パートナーよりもクリトリスの位置など、くわしい場合などもありますからね。

またメリットとして、幸福感をもたらしストレスを解消という点と割と体力を使うので、よく眠れる点があります。

これからの人生を少しでも充実させるために、クリイキという素晴らしいものをぜひどうぞ。

① まずはクリトリスの位置を把握


 クリトリスを刺激すればイケるのはわかるけど、そもそも場所が分からないと刺激のしようがないですよね。解説します。

クリトリスの場所は、外尿道口の上のあたり、または恥丘の下あたりの突起部分です。おしっこが出るところのちょっと上辺りと覚えておくと分かりやすいかもしれません。

注意点としては、陰毛によって隠れてしまっていることがあること、クリトリスが皮をかぶってしまって見えなかったりする場合があることです。

陰毛には濃い、薄い、長い、短いなど個人差がありますので、濃くて長い人は見えなくなっているかもしれません。毛をかき分けてしっかり探してみてください。

またクリトリスは、男性のペニスのように皮をかぶっていることがあります。これをクリトリス包茎というのですが、そうなるとやはり隠れてしまいます。

対処法としましては、人差し指と中指で尿道口の上辺りを左右に広げてクリトリスを露出させるか、興奮するとクリトリスが勃起し勝手に皮を剥いで露出するのでそれを待つか、ですね。

上記の事を参考にしていただき実践するとともに、説明した箇所を優しく痛くない程度に指でこすったり、トントンっと叩いてみたりしてください。

きっと敏感に感じれるところに出くわして「これがクリトリスかぁ」と感じていただくことが出来ると思いますよ。

また触って探す際には、手をしっかり洗って清潔にするとともに、痛くならないようにローションの使用をおすすめします。

② 指の動きを工夫する


クリトリスの場所が分かったら、刺激の仕方ですね。これには指先、主に人差し指と中指を使用します。
 
・円を描くようになでる
・人差し指と中指ではさむ又は指先でつまむ
・2本指でこねるように回す
・引っ張って離すの繰り返し
・優しく叩く又は強く叩く
・振動させる
・押す又は押しつつ振動させる
等々

このように、指の動かし方は色々なバリエーションがあり、どのパターンの動かし方が気持ちいいかは個人差があり人それぞれです。

上記のパターンを実践してもらいつつ、刺激に強弱をつけたり、なでたりこすったりするスピードを調整して自分に合ったパターンを徐々に見つけていくのが、クリイキ開発のコツです。

ちなみに強いのが好きな方は指の先を使い、弱いのが好きな方は指の腹を使ったりパンティの上から刺激を与えたりするといいですよ。

注意点としましては、爪は切っておきヤスリをかけておく、手や指はしっかり洗って清潔にするなどですね。

爪が長いとクリトリスやその他の性器に傷をつけてしまう可能性がありますし、手や指が、清潔でないと性病になったりする可能性があるからです。
 
それとやりすぎにも注意が必要で、やりすぎると指や腕が疲れてきて本来の指の動きが出来なくります。

腱鞘炎になってしまった女性も知っているので、やはりやりすぎず、疲れたら休んでくださいね。

これらのことをぜひ習得して頂き、安全、快適にクリイキという悦びを知ってもらいたいと思っています。

③ 体勢を工夫する


クリトリスの場所、指の動きの他にも、オナニーをするときの体勢が、クリイキするための大事な要素のひとつです。

ポイントは3つあり

・仰向け
・立ち姿勢
・仰向けで足ピン

の3点でしょう。

そして、これらに共通することといえば、どれも体に(特に下半身)力が入りやすいというところで、
この中で1番イキやすい体勢が「仰向けで足ピン」になります。

足ピンとはなんなのか?という人もいると思うので解説します。これは言葉どおりなのですが…、
足をピーンと伸ばすことです。

こうすることによって自然に下半身に力が入り、なおかつ「肛門付近がキュって締まるような感覚」になります。

この「肛門付近がキュって締まるような感覚」というのが意外と大事なポイントで、これが出来ているときの感度は抜群です。

ちなみに下半身に力を込めることが、なぜ気持ちいいのかというと、実はまだ解明されていません。

私個人の見解は、下半身に意識を向けることで性器周辺の感度が研ぎ澄まされれていると考えます。

さて、この足ピンなのですが、残念ながらデメリットも存在しています。それは足ピンでしかイケなくなってしまう可能性があるということです。

普通のセックスやオナニーではイケなくなる…、これは大いに問題ありと思います。

足ピンオナニーの回数は適度にし、立ち姿勢や普通の仰向けだけでも、イケるようにしておきましょう。

また体勢による感度にも個人差があるので、色々ためしてみて自分に合った体勢を見つけることが大切です。

④ ローターなどのアイテムを使う


クリイキオナニーのポイント4つめは、アダルトグッズを使用してみるということです。

アダルトグッズには、色々ありますがオナニーでクリイキしたいならローターがおすすめです。ちなみに、ローターというのは比較的小型で振動を伴う機械のことです。

指の動きで振動を与えるのには、限界があります。その点、ローターであれば指では再現することが出来ない振動を与えることが出来ます。

しかも電動なので、電池が切れないかぎりは動き続けますし、強弱も自由自在です。

また、ローターの表面は尖った部分がなく、ツルツルしているのでケガの心配もありません。商品なので当たり前ですが。

その圧倒的なスピードと持久力で、すぐにあなたをクリイキへと導いてくれるでしょう。

ローターを使用してクリイキしたときの快感といったら、指の時とは全然違います。麻薬のように病みつきになること間違いなしです。

アダルトグッズを使用することに、罪悪感や後ろめたさを感じている人もいるかと思いますが、大丈夫ですよ。みんなやってますから!

余裕があればローションとのコラボレーションもおすすめですね。さらに、慣れてきたら電マの使用も考えてみるのもいいかもしれません。

注意点をひとつだけ。

アダルトグッズを使用してのオナニーはイクのが早すぎるため、あっという間にオナニーが終わってしまうという嬉しいような悲しいような事態に陥ることもあるかもしれません。

じっくりシタいときは指で、手早く終わらせたいときはローターで、という具合に調整してやってみるといいでしょう。

クリイキでイクための方法とコツ(SEX)


オナニーでのクリイキを経験したら、セックスでもクリイキしたくなるでしょう。ではどうすればセックスでクリイキができるのか?

結論としては、

・男性にあなたの気持ちいいポイントを知ってもらう
・それをもとに様々なテクニックを駆使してもらう
・アダルトグッズも使ってもらう

この3点を、抑えましょう。

理由は、1番気持ちいいポイントを知っているのが、あなただからです。

では、具体的にはどうすればいいのか?

次で解説します。

① 男性に「イクポイント」を知ってもらう


クリイキしたいのであれば、男性にあなたのイクポイントを知ってもらいましょう。

性感帯の感度には、個人差がありあなた自身が気持ちいいというポイントでないとイケないですよね?

たまに、AVの内容を(激しい手マンなど)そのまま私たちのセックスの持ち込み勘違いしている男性がいますが、それではイケません。

「セックスの最中に気持ちいいポイントなんて恥ずかしくて言えないよ…。」なんて声が聞こえてきそうですが、大丈夫です。

男性側からしたら嬉しいし、「こんな事言うなんて可愛いな」と思う人もいるみたいですよ。

あなたと男性(パートナー)がもっともっと幸せになる為にも、男性にイクポイントを素直に伝えてみましょう。

しかし、その伝え方には注意点があります。

それは、「男性のプライドを傷付けず伝えること」です。

男性という生き物は総じてプライドが高いので、そのプライドを傷付けてしまうと関係が終わってしまうこともあります。

実際に、私は何度か心ないことを言ってしまい、関係性を破綻させてしまった経験があり、非常に後悔しています。

『私の彼氏は大丈夫』、『男性だってプライドが低い人はいるよ!』、えぇ確かにいるでしょう。しかし、それはあなたが決めたことでその男性が思っていることは本当は違うかもしれません。

男性にイクポイントを伝える際には、プライドを傷付けないようにタイミングや空気を読んで、優しく伝えるようにしましょう。

② クリトリスと膣を同時に攻めてもらう


クリトリスを攻めてもらいつつも、膣も一緒に攻めてもらいましょう。そうすればクリイキまでの時間が短縮されます。

クリトリスの他にも膣という性感帯を攻めてもらうことで、多くの方向からの性的興奮の波が押し寄せてきて、足し算ではなく掛け算的に快感が増していくからです。

小さなころに、遊びで「くすぐりの刑」(多人数に群がられくすぐられる)とか1度はやったことあると思うんですけど

あれも、くすぐられる箇所が増えれば増えるほど耐えられなくります。それと一緒ですね。

クリトリスと膣を同時に攻めるなんてやったことがないし、不安もあるかもしれません。

でも大丈夫ですよ、本当に気持ちいいですから。それでも不安ならオナニーで一度練習するのもありです。

クリトリスと膣を同時に攻めてもらえば、快感が増してすぐにイってしまうこと間違いなしなのでおすすめです。

しかし、膣の気持ち良さがまだわからない、開発されていない。そういう人もいるでしょう。

そんな人には、乳首や耳、背中など他の性感帯をクリトリスと同時に攻めてもらうことです。

快感を重ねるという観点で見れば、膣であろうと乳首であろうと関係ありませんからね。とにかく快感を重ねることです。

私は、とてもM気質であるので耳を舐められつつ、イヤらしい言葉を投げかけられたらすごく興奮してすぐにイってしまいます。

膣では快感がイマイチの人は、乳首や耳なども試してみるといいですよ。

③ ラブグッズを彼にも使ってもらう


セックスでのクリイキを加速させるのが、ラブグッズつまりアダルトグッズの使用です。まずは男性にローターを使ってもらいましょう。

なぜラブグッズの使用がクリイキしやすいかといえば、

・ラブグッズを使っているという状況に興奮するから
・指では再現できない動きをさせることが出来るから
・ラブグッズは気持ち良くなるために開発された商品だから
・同時攻めも可能

ラブグッズの使用…。なぜか背徳感やイヤらしさみたいなものがあります。

私も耳元で「こんなオモチャですごい濡れてるよ」とか「イヤらしいね。」など、ささやかれた経験があるのですが、あの時の恥ずかしさや興奮は忘れられません。

そして男性も人間ですから、気持ち良くなるために開発された商品であるラブグッズに勝てるわけがないのです。特に、振動させるという点と体力面ではかなわないでしょう。

さらにバイブを使用すれば、クリトリスと膣はバイブで攻めてもらい、耳や乳首は男性自身に攻めてもらうことができます。

そうすれば、4つ同時攻めにということなり、とんでもない快楽の波が待っていることでしょう。

男性の指のほうが愛を感じて気持ち良いという人もいるでしょうが、まずは使ってみてほしいです。

使うことによって、もしかしたらアダルトグッズを使うのも悪くないな、と思えるかもしれません。いや、なると思います。

まずは男性にローターを使ってもらい、慣れてきたらローションや電マ、バイブ等も使いましょう。

④ クンニでクリトリスを刺激してもらう


あなたはクンニというのをご存じですか?クンニというのは、女性器を男性の舌や唇で愛撫するプレイです。

このクンニというのが、とても気持ち良くクリイキしやすいと言えます。

・攻め方にバリエーションが多く飽きないから
・唾液があることによりローションいらずだから
・恥ずかしさにより興奮するから
・音によっても興奮するから

以上です。

クンニでのクリトリスの攻め方は、色々。舌で舐めまわす、ゆっくり、早くなどの強弱や口で吸ったり、歯で優しく甘く噛むなど、パッと思いつくだけでもこれだけあるので飽きがこないと言えるでしょう。

また、唾液が自然に付着するので、潤滑剤の替わりになりローションいらずとなります。

さらに、男性にアソコを間近で見られているという恥ずかしさや愛液混じりのじゅるじゅるっ、という音がまた恥ずかしくてたまりません。それがまた興奮してしまうんですけどね。

とはいえ、匂いを嗅がれるのが嫌だとか、やっぱり見られるのは恥ずかしいと思う人も多いでしょう。

しかし男性は、そんなに匂いを気にしていないから気にしなくても大丈夫です。

むしろエロいし興奮するっていう男性も多いし、科学的にも性器というのは異性を興奮させる匂いを発していると証明されています。

見られるのが恥ずかしい人は、部屋を真っ暗にして慣れてきたら明るくしていきましょう。

セックスでクリイキしたいのなら、クンニというプレイを多く取り入れることもおすすめします。

クリイキのまとめ


ではクリイキについて様々なメリット等を交えてまとめますね。

アダルトグッズを使って開発することのメリットは

・クリイキに到達しやすいということ
・指よりも快感が深い
・指よりも安全である

ということが挙げられると思います。

クリイキに到達しやすいのは、アダルトグッズは気持ち良くなるために作られた商品だからです。

指よりも快感が深いというのにも、同じことがいえます。

そして安全面ですが、指には爪がありますよね。爪が尖っていては皮膚を傷つけてしまう可能性だってあるし、手を清潔にしていないと性病になる可能性もあります。

アダルトグッズなら、表面も尖ったところがなくツルツルですし、手より小さい分清潔にもしやすいです。衛生面でもメリットがあります。

実際に私は、性病になったこともありますし、爪で皮膚を切ってしまって出血した経験があります。

なのでどうか偏見を持たずに、使ってみてほしいと思います。

クリイキしやすい身体をつくることのメリットは

・女性の幸福を味わうことができるということ
・美肌効果など女に磨きがかかるということ
・内面的にも健康であるということ

などがあると思います。

性欲というのは人間の三大欲求の1つであるので、これが満たされないという事は、極端な話ではあるものの常に睡眠不足、食事不足ということなんですね。

これでは内面的に健康でいられる訳がありませんし、オナニーが外見的にも美肌効果等が現れるというのにも納得できます。

・クリイキできない
・クリイキってなに?
・アダルトグッズを使いたい

など色々な疑問や不安を持っている人の参考になれば幸いです。