初めてディルドでも安心なディルドを使った気持ちいいオナニーのやり方!

How toとコツ

ディルドを使ったオナニーに挑戦してみたくても、
「なんとなく怖い…」
「どんな物を選べばいいかわからない」
「太さはどれくらいが普通?」
「電動なの?音はうるさい?」

そう感じて躊躇ってしまっている人は多いのではないでしょうか?

確かにディルドは初心者の方だと難しいのかなと思ってしまうのかもしれません。
しかし日用品を使ってオナニーするよりもディルドの方がもっと快適で安全なオナニーができるようになりますよ!慣れるとメリットが多く、快適なオナニーが行えます。
そこで今回は、ディルドを使ったオナニーのやり方、メリット・デメリットから、ディルドの選び方まで、徹底的に解説します。
ディルドを使ったオナニーに興味がある人は、ぜひ読んでみて下さいね。

  1. ディルドオナニーとは?
    1. ディルドとは?
  2. オナニーのためのディルドの選び方
    1. 小さめのサイズを選ぶ
    2. 吸盤付きがおすすめ
    3. まずは安価なものから
    4. 質感にこだわって選ぶ
  3. ディルドオナニーのやり方
    1. 使用前は脳を性感脳にしておく
    2. ディルドは温めておく
    3. 潤滑剤やローションやジェルで膣を濡らしておく
    4. 複数使用でプレイする
    5. リラックスできる体勢で入れる
    6. 挿入後自分で動く
    7. 鏡を見ながら使う
  4. ディルドを使ったオナニーのメリット
    1. 実物にない持久力
    2. オナニーグッズの中では耐久性が高い
    3. 膣の開発ができる
    4. フェラチオの開発ができる
    5. アナニーもできる
  5. ディルドを使ったオナニーのデメリット
    1. 子宮に負担がかかる
    2. 衛生面に注意しないと病気を引き起こす
  6. ディルドで中イキしたい場合に攻める5つの性感帯
    1. Gスポット
    2. ポルチオ
    3. Aスポット
    4. Kスポット
    5. 裏Gスポット
  7. ディルドを使った潮吹きの練習方法
    1. 濡れても良いようにタオルをしいておく
    2. 水分をしっかりとっておく
    3. リラックスした状態ですること
    4. 膣がある程度濡れていなければ潮吹きは出来ない
    5. Gスポットを刺激する
    6. 潮吹きの瞬間を見たいならディルドを抜くこと
  8. 変わったディルドを紹介
    1. お洒落なクリア型ディルド
    2. 人肌に温かくなる熱式ディルド
    3. 空気を入れるエアディルド
    4. 上級者向けのガラス型ディルド
    5. カップルで使える双頭ディルド
  9. ディルド使用前・後の注意点
    1. 使用前使用後は除菌する
    2. 保管場所は他のものと触れない場所に
    3. 使用時は力をいれすぎない
    4. 未使用のものは水洗いをしてから洗う
    5. 欠陥がないか確認をしてから使う
  10. ディルドオナニーのまとめ

ディルドオナニーとは?

ディルドは、男性器の形をしたセックストイ(アダルトグッズ)です。素材はシリコンやPVC(プラスティック)や塩化ビニール、金属など様々な素材のディルドが販売されています。
これにコンドームを被せて、潤滑剤を塗って滑りをよくした状態で挿入することで、疑似的なセックスを楽しめます。

クリトリスではなく膣の中に性感帯がある人や、膣の中の感じるポイントを自分で探りたい人にはぴったりです。
ディルドの大きさは様々で、Gスポットを刺激しやすい上方向に反ったタイプのものから細くて膣への負担が少ないものまで、多くの中から選べます。

ディルドとは?

そもそもディルドってどんな玩具なのかも知らない人のために簡単ではありますが、説明させていただきます。ディルドの歴史は古く、紀元前よりつかわれていたといわれているセックストイです。男性器の形状をしていて造形がリアルなものから、単純にスティック状のものなどさまざまです。
人体の色味と同じように着色されたリアルなディルドからピンクや赤などカラフルなタイプもあります。基本的に電動ではないタイプをディルドと呼ぶことが多く電動のタイプはバイブレーターディルドやバイブレーターといったカテゴライズされることが多いです。

ディルドのタイプとしては、通常のペニスの形状をしたリアルディルド、吸盤付きのタイプ、身体に装着するStrap on(Harness) Dildosなどがあります。

オナニーのためのディルドの選び方

ディルドオナニーをしてみたいけど、選び方がわからない方のために初心者がディルドを選ぶポイントをまとめました。
買うのが恥ずかしい人はネットで注文しましょう。

小さめのサイズを選ぶ

初心者がディルドを買うのであれば、小さめサイズがおすすめです。
大きめのディルドを買うと、想像以上の大きさに驚き、膣へかかる負担や痛みが大きくなるためです。

小さめサイズは14センチ以下が一般的となっています。
ちなみに日本人ペニスの平均サイズは13センチなので、一般的なディルドでは平均のペニスサイズよりも大きいものを基準に作られていることがわかりますね。

パートナーがいて、彼のペニスが平均以上に大きいと感じている人は、Mサイズも検討してみましょう。

吸盤付きがおすすめ

ディルドを買う場合は、吸盤付きがおすすめです。
吸盤付きであれば床に貼り付けて利用することで、疑似的なセックスを味わえるためです。騎乗位が苦手な人は練習にもなります。現時点で床に貼り付けて使う気がない場合でも、頻繁にディルドオナニーを使う上で様々な使い方を試したくなる人は多いです。もちろん吸盤がないタイプでも問題はないです。

まずは安価なものから

ディルドを初めて買う場合は、なるべく安価なものがおすすめです。
元々そこまで高価なものではないですが、使ってみる事でもっと大きなタイプが良かった、もっと太いタイプが欲しいなど、自分の好みがわかってくるためです。
1000円以下でも十分な品質のものが購入できるので、まずは安いものから試してみましょう。

質感にこだわって選ぶ

ディルドは基本的にシリコン製で出来ていますが、それぞれ硬さが異なります。
おすすめは柔らかめの質感です。柔らかいディルドであれば痛みを感じにくく、奥を刺激するのに適しています。

堅いディルドは、固定して騎乗位を楽しんだり、ハードなピストン運動で楽しみたい人向けです。
そのためとりあえず試してみたい人は柔らかめのディルドを選びましょう。

ディルドオナニーのやり方

それでは、具体的にディルドオナニーのやり方を解説していきます。

使用前は脳を性感脳にしておく

ディルドオナニーを始める前に、リラックスした状態で頭の中を性感脳にしておきましょう。
仕事の悩みが頭から離れなかったり、オナニーの前にお笑い番組を見てしまうと興奮できず、オナニーに没頭ができません。
これは、女性が脳で感じると言われているためです。

おすすめは、女性用のポルノやセックスストーリーなどを読むことです。切り替えるスイッチとなる行動があれば性感脳になりやすく、よりディルドオナニーで快感を得られます。

ディルドは温めておく

オナニー前にはディルドを温めましょう。そうすることでディルドが本物の男性器(ペニス)のように感じられるためです。

温め方は主に2通りあります。
1つ目は、お湯につけて温める方法。40~50度の温度で温めることで、自然に人肌に近い温度に温められます。
2つ目は、電気毛布にくるむ方法です。軽めであれば10分、芯までしっかりと温めるのであればおよそ1時間電気毛布にくるみましょう。

電子レンジで温める専用のディルドも販売されているので、ディルドの温かさにこだわりたい場合は電子レンジ対応のものがおすすめ。

私の個人的なおすすめはお湯ですね!40度くらいで放置し簡単で熱くなり過ぎないのでGOODです。

潤滑剤やローションやジェルで膣を濡らしておく

ディルド挿入前は、潤滑剤やジェルを使って膣を濡らしておきましょう。
元々濡れやすい体質でオナニーをする際に中まで濡れていれば問題がありませんが、基本はローションで中を濡らします。

ローションもお湯と混ぜて温めておくことで馴染みが良く、ディルドの挿入もスムーズになります。

複数使用でプレイする

これはディルドオナニーに慣れてからでも構いませんが、複数のディルドを同時に使う方法もおすすめです。
膣にディルドを挿入しながらアナルにも細身のディルドを挿入することで、圧迫感が抜群に高く、刺激が倍増します。

アナルでのオナニーがクセになってきた人であれば、複数使用でプレイしてみましょう。

リラックスできる体勢で入れる

挿入は、なるべくリラックスできる体勢でおこないましょう。お尻をつき、背中を壁や背もたれにかけて足を十分に開きます。
そうすることでディルドが入りやすくなり、想像以上に奥まで入ってしまうことがありません。

ディルドオナニーに慣れていたとしても、奥まで一気に入れるのは危険です。
膣内を傷つけて性交時にも痛みを感じてしまう場合があるので、なるべく安定した体勢を維持しましょう。

挿入後自分で動く

ある程度奥までディルドが挿入できたら、ディルドを床に貼り付けて、自分で腰を動かしましょう。
そうすることで騎乗位の間隔が楽しめて、手で出し入れをするのとは違った感覚が楽しめます。

騎乗位で腰を動かすのが苦手な人は、前後や上下に動かす練習になります。

鏡を見ながら使う

自分で腰を動かすオナニーに慣れてきたら、鏡を見ながらのディルドオナニーがおすすめです。
自分では普段見ることのない姿を目にすることで、非日常感を味わえて興奮度がアップします。

ディルドを使ったオナニーのメリット

ディルドを使ったオナニーの魅力を知ってもらうために、メリットをまとめました。
特にパートナーが早漏で、なかなか満足できない人にとってはおすすめのオナニー方法です。

実物にない持久力

ディルドは、当たり前ですが途中で萎えることはありません。
そのため、彼氏やパートナーが早漏で、気持ち良くなる前に終わってしまう人には特におすすめ。

女性が快感の絶頂に達するまでには、平均で20分間膣を刺激し続ける必要があります。
なかなか20分腰を振り続けられる男性はいないので、未だに中イキを体感したことがない人は、試しに20分刺激し続けてみることをお勧めします。

オナニーグッズの中では耐久性が高い

ディルドは電子部品が使われておらず、大半はシリコンのみで作られています。
水に濡れても問題ないのはもちろん、激しい刺激でも千切れたり、折れてしまうことはありません。

バイブやローターに比べて長持ちしやすいオナニーグッズと言えます。

膣の開発ができる

ディルドを使ったオナニーをすることで、膣の中を開発できます。
特にセックスの経験が浅い10代~20代の女性は、クリトリスではイケても膣の中でイった経験のある人は少ないんです。

これは、自分が膣の中のどこが気持ちいいのかがわからないためです。
特にGスポットと膣の奥は継続的な刺激を定期的に与えないことには開発されません。
オナニー経験がない上に男性経験が浅いと膣の開発ができず、セックスで快感を感じにくいマイナスのループに陥ってしまいます。

フェラチオの開発ができる

ディルドは、男性器の形を模していることもあってフェラチオの練習にはぴったりです。
フェラチオの練習をしたくても、口に含めても気持ち悪さを感じず、洗って何度も使えるものはあまりありません。

フェラチオが苦手な人や、もっとうまくなりたい人はディルドの使用をおすすめします。

アナニーもできる

ディルドの中には、アナル用として作られているものもあります。
細くてイボが付いているものは、アナル用として特に向いています。

アナルで感じられる快感に目覚めても、なかなか満たせるアダルトグッズはありません。
そんな人には安価でバリエーションも豊富なディルドがおすすめです。

ディルドを使ったオナニーのデメリット

ディルドを使ったオナニーにもデメリットがあります。
使い慣れている人でも衛生面には特に注意しましょう。

子宮に負担がかかる

膣の大きさに合わない特大サイズのディルドや、ディルドを激しく出し入れすることによって子宮に負担がかかります。
無理な挿入は控え、必ずローションやジェルを使いましょう。

膣の大きさは、7~8センチが平均です。伸縮性に富んでいるため、実際には20センチ近い男性器も問題なく入ります。
しかし、男性器でもディルドであっても、13センチあれば奥には届きますし、15センチもあれば刺激を与えるだけなら十分です。

圧迫感が好きなのであればともかく、大きすぎるディルドには膣を傷つける可能性があることを理解しておきましょう。

衛生面に注意しないと病気を引き起こす

ディルドを直接挿入すると雑菌が入り、カンジダや強い痒みを引き起こす場合があります。
これは、ディルドに雑菌が付着していることもありますが、シリコンに含まれる添加物が原因で起こります。

基本的にはディルドにはコンドームを被せて使用しましょう。

ディルドで中イキしたい場合に攻める5つの性感帯

女性の膣の中には5つの性感帯があります。
ディルドを使って中イキするには、この中のどれかを集中的に刺激することが重要です。
それぞれ、ポイントや刺激の方法を解説していきます。

Gスポット

Gスポットは、膣のやや手前、上側にある性感帯です。
膣口から3~5センチほど入った上側のざらざらした部分がGスポットです。大きさは500円玉程度で、優しく刺激を与え続けることで尿道に刺激が伝わり、液体があふれ出てきます。これが俗にいう潮吹きです。

Gスポットは性感帯の中でもメジャーな方ですが、最初から誰もが感じるわけではありません。丁寧に刺激を与え続けることで、Gスポットで快感が得られるようになります。
人によっては左右にずれている場合もあるので、ざらざら感を確かめるために指でチェックすると確実です。

ディルドを浅めに挿入し、上側に当たるように優しく刺激を与えましょう。

ポルチオ

ポルチオは、女性が最も深く快感を感じられる性感帯とも呼ばれています。ポルチオで快感を得られるようになれば、中イキの中でもより深く、そして連続して快感が得られます。人によっては、失神してしまうほど気持ち良い人もいます。

ポルチオの場所は膣の最も奥。子宮の入り口にある突起のような部分です。ポルチオへの刺激になれていない人は刺激によって痛みを感じやすいので、最初は特にゆっくりと、小刻みに刺激を与えるのが重要です。ゴリゴリ突くというよりは、圧迫感を感じながら上下左右に揺らす感覚で行うことで適度な刺激を与えられます。

ディルドで刺激を与える場合は、柔らかめのタイプがおすすめ。硬めだとポルチオへ刺激を与えるのに向いておらず、快感よりも痛みが勝ってしまうことになります。ゆっくりと奥まで押し入れて、奥に当たったら優しく刺激を与えましょう。人によっても差がありますが、15センチ程度のディルドが必要になります。

Aスポット

Aスポットは、膣の中でも奥の方にある性感帯で、Gスポットよりも感度が深いとも言われている性感帯です。

場所はポルチオの手前、上側(お腹側)にあります。時間をかけて開発しなければ感じられない場所でもあるので、ディルドオナニーをする場合はぜひ開発することをおすすめします。

ディルドで刺激を与える場合は、ポルチオと同様柔らかめがおすすめ。奥まで入れつつ、お腹側に刺激がいくよう、上側で気持ちいい場所を探ります。開発できればより気持ち良いオナニーが修得できるので、ゆっくりと、定期的に刺激を与えていきましょう。

Kスポット

Kスポットは、膣の奥、肛門側にある性感帯です。
感じられる人はかなり少ないですが、開発することによってポルチオに近い快感を得られます。

人によっては特に痛みが強い箇所になるので、慎重に奥まで入れたディルドを振動させることによって刺激を与えましょう。Aスポットの開発をするついでに、下側にも刺激を与えることでポイントを見つけやすくなります。

オナニーで開発するポイントとしての優先順位は低めですが、Kスポットで感じられるとセックスの際の気持ち良さがよりアップします。

裏Gスポット

裏Gスポットは、文字通りGスポットの裏側、反対側にある性感帯です。
膣口から入って3~5センチ、上ではなく、肛門側(下側)にあります。メジャーなのはGスポットですが、稀にGスポットで快感を感じられない女性がいて、そういった人が裏Gスポットを刺激したらすっかりハマってしまうというケースがあります。

ディルドの先端を入れて、下側に向かって押し当てるような刺激を与えることで開発ができます。開発が進めばGスポット以上の快感を感じられるので、粘り強く挑戦してみてください。

ディルドを使った潮吹きの練習方法

潮吹きをしてみたい人は、ディルドを使って練習することができます。
潮吹きができるようになると喜ぶ男性も多いので、こっそり練習してコツを覚えましょう。

濡れても良いようにタオルをしいておく

当たり前ですが潮吹きをすると尿に近い液体が噴出され、ベッドやソファが汚れてしまいます。汚れることを恐れて力をセーブしては潮吹きの練習にならないので、あらかじめバスタオルを敷いておくか、浴室でオナニーしましょう。

水分をしっかりとっておく

潮吹きは正確には尿ではありませんが、体内の水分であることには変わりありません。
体内の水分が少ない状態では膣も濡れにくいですし、潮も吹けません。お茶や水などでいいので、ディルドオナニーで潮吹きの練習をする前にはしっかりと水分を補給しておきましょう。

リラックスした状態ですること

潮吹きをするためには、リラックスした状態でなければなりません。
寝る前や、お風呂上りなど、まずはリラックスできる時間と環境を整えましょう。

膣がある程度濡れていなければ潮吹きは出来ない

潮吹きは、たまった愛液が尿道からあふれ出ることによって噴出します。
そのため、膣の中が濡れやすければ濡れやすいほど、潮吹きしやすいとも言えます。

そもそも濡れにくい人は、刺激をしやすくするためにローションやオイルは必須です。どこをどうすると濡れてくるか、自分でポイントがわかってくると潮吹きがしやすくなります。

Gスポットを刺激する

いくら膣の中が濡れてきていても、奥やクリトリスの刺激では潮は吹けません。潮を吹くためには、Gスポットを刺激する必要があります。これは、Gスポットを刺激することで尿道にも振動が伝わるためです。

ディルドを浅めに挿入し、上側に刺激がいくように出し入れします。潮吹きが出そうになる時は、おしっこが漏れそうな感覚に襲われます。ここでその感覚を抑えずに、刺激を与え続ければ潮吹きができます。

潮吹きの瞬間を見たいならディルドを抜くこと

ディルドを出し入れするだけでも潮があふれ出てくるのがわかりますが、AVで見るような潮が噴出する場面を見たいのであれば、潮吹きの瞬間にディルドを抜く必要があります。

ディルドが入っている状態でも潮は出ていますが、抜くことによって噴出するシーンがはっきりと観測できます。

変わったディルドを紹介

ディルドの中にも様々な変わったディルドがあります。
初心者はあまり変化球タイプを選ぶのはおすすめしませんが、慣れてきたら変わったタイプに挑戦してみるのも楽しいですよ。

お洒落なクリア型ディルド

クリア型のディルドは、一般的なディルドとは違い、男性器とは全く違った形をしたディルドです。

スリムタイプから大ボリュームのものまで、形は様々。流線形のボディで、いやらしさは一切ありません。

男性器を模したディルドの見た目が気持ち悪くて受け入れられない人には特におすすめ。カラーも様々でお洒落なタイプが増えています。

人肌に温かくなる熱式ディルド

熱式ディルドは、充電式、もしくは電地式で38度程度の熱が籠った人肌程度に温かくなるディルドです。普段からお湯で温めて使っている人は、温める手間が省けます。

熱はずっとキープされるので、温かいのが好きな人や、リアルな挿入間を味わいたい人にはおすすめです。

空気を入れるエアディルド

空気を入れるエア式ディルドは、空気を入れる圧によって硬さを調整できるタイプのディルドです。

その日の気分によって硬さを使い分けたい人や、自分の最も使いやすい硬さに調整した上で使いたい人にはぴったりのディルドです。

耐久性は若干落ちますが、1本で様々な硬さを試せるのがメリットです。

上級者向けのガラス型ディルド

ガラス型のディルドは硬さがウリです。
自分の感じるポイントをはっきりとわかっていて、ピンポイントで性感帯を刺激したい人におすすめです。

熱伝導率が高いので、温めて使う場合にも便利な特徴があります。
ディルドオナニーに慣れてきた、上級者の人におすすめです。

カップルで使える双頭ディルド

双頭ディルドは、前後どちらからでも挿入ができるディルドです。
女性同士のレズカップルや、男性のアナルに入れながら女性器に挿入するプレイが可能になります。

もちろん、オナニーをする場合にも十分使用可能です。

ディルド使用前・後の注意点

ディルドには炎症のリスクがあるものの、使い方をきちんと守れば膣が痒くなることもありません。
使用前、使用後の注意点をまとめたので確実に守りましょう。

使用前使用後は除菌する

ディルドの使用前、使用後は除菌をしましょう。
コンドームを被せるからといって除菌をしないでいると、付着した雑菌によって痒みを引き起こす可能性があります。

保管場所は他のものと触れない場所に

ディルドを保管する場合、直接他のものとは触れない場所に保管しましょう。
せっかく除菌しても他のものから雑菌が移ってしまう可能性があるためです。

神経質になりすぎる必要はありませんが、小さめで毛足の短いタオルにくるんで保管するのがおすすめです。

使用時は力をいれすぎない

ディルドでのオナニーの際は、肩の力を抜きましょう。
思った以上に自分で刺激を与えるコントロールが難しく、膣内を傷つけてしまうリスクがあるからです。

柔らかめのディルドを選んだとしても、ケガをするリスクはあります。

未使用のものは水洗いをしてから洗う

未使用のディルドだからといって、そのままコンドームを被せて使用するのは避けて下さい。
雑菌が付いているかもしれないので、炎症を起こす可能性があります。

欠陥がないか確認をしてから使う

滅多にあることではありませんが、ディルドにひびや割れ目がある場合、オナニーが盛り上がってきた時に折れてしまうことがあります。
せっかく盛り上がったところで折れてしまっては、気分も大幅に下がってしまいます。
念のため、ひびや割れ目がないか、事前にチェックしてからディルドオナニーに励みましょう。

ディルドオナニーのまとめ

今回は、ディルドを使ったオナニーのやり方から選び方、メリット・デメリットから注意点まで、詳しく解説しました。
ディルドでのオナニーは快感を感じられるだけでなく、パートナーとのセックスでより深く快感を得られるようになるトレーニングとしても大変有効です。

特に経験が少ない女性は膣の中で感じるポイントがわからず、挿入時に得られる快感が少なくなってしまいます。
ぜひディルドオナニーに挑戦して、疑似セックスを楽しんでください。