女性のためのローションオナニーをお勧めする理由とは?

How toとコツ

ローションオナニーをおすすめする理由はいつものオナニーが気持ちよくなることができるだけではありません。オナニーをして気持ちいいと感じることで体から「幸せホルモン」と呼ばれる物質のオキシトシンが分泌されます。

オキシトシンには幸福感を感じストレス解消や不安や恐怖が減少する効果もあります。また女性ホルモンも分泌されるため女性らしいスタイルに近づくことができます。またオナニーをしてからだと、寝るとぐっすりと寝ることができるという方も多いようです。ローションはドラッグストアでも手に入りやすく、通販でも簡単に注文ができます。そのため、オナニーやセックスに対して不安を持っている方や初心者の方にもおすすめです。

なぜ女性のオナニーにローションが必要なのか?

もちろんローションがなくてもオナニーをすることはできます。しかしいつも同じ方法になってしまいマンネリ化して飽きてしまいます。ローションを使えば、いつもと同じように乳首やクリトリスを触っても感覚が全く違うので、誰かに触ってもらっているような気持ち良さを味合うことができます。またローションにはアロエやハチミツなどの保湿成分が含まれているものもあります。そのため、感度をあげる役割だけでなく美容効果も期待ができます。

セックスの際には肌と肌が触れ合うのでパートナーから肌スベスベで気持ちいいねと喜んでもえるかもしれません。

ローションを使う際の注意点

ローションを使えば妊娠しないなどのうわさもあるようですが、ローションに避妊効果はありません。必ずコンドームをつけるか低容量ピル(妊娠を抑える薬)を服用しましょう。また、ローションの中には消費期限が記載されていないものが多いですが、主成分が水なので変色や腐敗がすすみます。ローションの消費期限は半年程度とされています。しかし、色が変わっている、不純物が浮いているものは腐敗が進んでいる可能性が高いです。

食べられるローションは普通のローションよりもさらに消費期限が短いので、消費期限には注意して使用をしてください。

セックスでローションを使用する際は、ルブリカント(潤滑ゼリー)を使うことをおすすめします。バラエティ番組でもよくみかけるローションは全身用です。これは相手との肌と肌の触れ合いで使うものになります。全身用ローションの主成分である「ポリアクリル酸ナトリウム」は、水分を吸収することで粘度がでる特徴をもつ液体です。この成分が膣内の水分を吸収してしまい、セックスの際に膣に痛みがでてしまう場合があります。ルブリカント(潤滑ゼリー)は、挿入時の摩擦や濡れ不足のサポートをする「粘膜用」です。こちらは膣内なのに挿入して使うことを前提に作られているので安心です。

ローションを使ったオナニーのメリット

ローションを使ってオナニーをすると快感が倍増する、痛みが減少する、玩具との相性も抜群、セックスでも使うことができる、自分の気持ちいいところが見つけられるというメリットがあります。それぞれのメリットについて詳しく紹介していきます。

快感が倍増

ローションを使うことでいつもと同じように乳首やクリトリスを触ってもいつもとは違った快感が得られ、興奮を感じやすくなります。まるで誰かに触ってもらっているような性的興奮を味合うことができます。さらにオナニーの際にローションを塗って指やグッズを使用すると、性感帯を摩擦による痛みから守ってくれるので、高い快感を得られます。

実際、オナニーやセックスをしている際にたくさん濡れているときのほうが、ヌルヌルして気持ち良いと思ったことはないでしょうか。ローションを使って「ヌルヌル」「トロトロ」した状態で触ると、とても気持ちよく感じられるのです。

痛みが減少

ローションを使うと挿入時や触った際に摩擦でおきる痛みを減少することができます。前戯の時点で痛いと感じる女性もいれば。前戯は大丈夫でも挿入されると痛いと感じてしまう人もいます。痛みの原因の1つは肌と肌の摩擦です。しかしローションを使えば摩擦を大幅に軽減してくれるため、痛みを感じづらくなります。

濡れづらい体質でセックスの際に痛くなってしまうと悩んでいる方にもおすすめです。また挿入の痛みも慣れや経験の部分もあるため、ローションを使って指やアダルトグッツで鳴らしておけばパートナーとのセックスをスムーズに行うことができるというメリットもあります。濡れていないと女性だけでなく、男性も気持ちいいと感じることができない可能性があるため。パートナーに気持ちよくなってもらうには十分に濡れていて2人とも気持ちよくなる必要があります。男性も女性が十分に濡れている方がスムーズに動かすことができてより気持ちのいいセックスをすることができる

玩具との相性も抜群

ローションは玩具との相性も抜群です。玩具といえば、グロテスクな形や色味をイメージされている方も多いです。しかし、いまどきのアダルトグッツは見た目も可愛いものが増えています。一見、美容グッズのような品のあるデザインで部屋に置いておいても違和感すらないものもあります。玩具で代表的なものとしては、バイブ・ローターなど女性器にあてて快感を与える振動機能付きのものが有名です。ローションを使わずに使ってしまうとうまく挿入ができない、挿入ができても痛みを感じてしまい気持ちよくなることができません。

しかし、ローションをたっぷりとつかって玩具を十分に濡らせばスムーズに動かすことができて、指では届かない場所にも刺激を与えることもできます。また自分のペースで自分の気持ちいいところを刺激することができるので、今までセックスで1度もイッた経験がなく悩んでいた人でも玩具を使ったらイクことができたという声も多いです。また最近では振動だけでなく、吸引してくれる今までにはない機能を搭載した玩具も発売されており、在庫切れになるほどの人気です。多くの製品が通販で簡単に購入することができるのも魅力です。注文後に自宅へ届く箱の品名部分には「美容液」と書かれて届けてくれるサイトもあるようです。アダルトグッツを買うのが初めてで不安な人や、実家暮らしの人にも安心です。

セックスでも使える

ローションはオナニーだけでなくパートナーとのセックスでも使うことができます。まずはローションをたっぷり使い、お互いの身体をマッサージしてみましょう。セックスを意識しすぎず、マッサージのように肩やなどを揉んであげればリラックスした状態を作ることができます。お互いの体に塗りあって、セックス前にイチャイチャした雰囲気を楽しむこともできます。女性にとってセックスをする上で、とくに大切なことは「雰囲気づくり」がです。雰囲気づくりができて気持ちも高まれば、セックスでの感度もあがります。

 

また前戯の際にも利用することができ、男性・女性それぞれの前戯で使用することができるのがメリットです。男性に前戯をする際に、手にたっぷりと適量ローションをとりだし上下にこすると大きな快感を与えることができます。挿入する際に利用する際は、女性側だけでなく男性側にローションをぬっておくことでより挿入がスムーズになり女性側の負担を減らすことができます。女性もぬれている状態の方がイキやすく、男性も十分に濡れていて膣内が温かいと射精しやすい傾向にあります。

自分の気持ちがいいところを見つけられる

オナニーは自分の気持ちがいいところを見つけられるというメリットがあります。パートナーとのセックスで今までにイッたことがない、中でイッたことがない女性も少なくありません。パートナーに前戯をしてもらっても、気持ちいいと感じることができずにパートナーにもなんだか申し訳ないなと感じたことや「どこが気持ちいい?」と聞かれて困った経験はありませんか? 1人でオナニーをすれば自分のペースで自分のどこが感じるポイントなのか探ることができます。

まず自分で感じる部分を知ってパートナーに伝えることができれば、もっとセックスで気持ちよくなることができます。女性側が気持ちよくなれば、男性にも喜んでもらうことができプライドを傷つけてしまう心配もありません。オナニーをする際には、ローションを使うと摩擦が軽減されるので痛みを感じることなく、自分の感度をあげることができます。セックス時に痛みを感じてしまい悩んでいる方でも挿入時の痛みを緩和でき、自分でトレーニングすることで以前より格段にセックスを楽しむことができるという理由でもおすすめです。

オナニーでのローションの使い方

初めてローションオナニーをすると、どのように使えば気持ちよくなれるのか。
ローションオナニーの注意点や乳首やクリトリスへの効果的な触れ方などわからない方も多いと思います。そこで気持ちいいローションオナニーのやり方をご紹介します。

準備する

ローションは使い始める前にパッチテストをしてください。中には成分が肌に合わずアレルギーの症状がでてしまう人もいます。手にのせてみてピリピリして痛い、赤みがでるなどの場合は即座に使用を中止してください。繊細なデリケートゾーンにつけてしまったら大変です。また使用する際に、ローションは容器から出してすぐだと冷たいものも多いので少し手の体温で温めてからの使用がおすすめです。

またすぐに洗うことができるのでお風呂場でローションオナニーをする人も多いです。ベッドの上でする場合は、シーツや布団が汚れないように、あらかじめシーツの上にバスタオルをしいて汚れても大丈夫な準備をしましょう。ローションを使用する前にあらかじめ服を脱いでおく必要もあります。手にだしてしまってからでは、触ったものがベタベタしてしまうので注意です。ローションは主成分が水のため、ティッシュでサッと拭き取ることもできます。ただ完全に拭き取れるわけではないので最後に水でしっかり洗い流すようにしましょう。

おっぱいでローションオナニー

おっぱいでローションオナニーをする場合は、クリトリスやヴァギナに比べて抵抗感なく始めることができるので初心者にもおすすめです。バストマッサージの延長として簡単に始めることができます。ローションを使って胸を優しくマッサージするとバストアップにも効果的です。セックスの際に乳首を愛撫してもらっても気持ちよくなれない人でもオナニーで開発することでパートナーに触ってもらったときも気持ちいいと感じることができるようになります。おっぱいの感度があがると濡れやすくなり、セックス全体の満足度が高まるというメリットもあります。さらに、ローションを使うことでより感度があがり、濡れやすい体になる場合もあります。

ローションは10円玉サイズに手のひらにだし、指ですくい親指をと人差し指でのばします。指先に十分に馴染んだら指で乳首を挟むように刺激して、乳首を指で挟んでひっぱってみる、コリコリと指で乳首を刺激してみるなど試してみましょう。また、指だけでなく手のひらも使うと違った快感を得ることができます。バストの広範囲にローションを塗り、手のひらで揉みながら乳首のまわりをなぞりながら移動させます。

慣れたら少しずつ、乳首をこすり乳首をマッサージするように指の腹で押し込む方法があります。強弱をつけて触ることも大切です。少し強い刺激の方が感じやすい人もいますが、乳首はデリケートな部分なので強すぎると切れてしまう可能性もあります。いきなり強すぎる刺激を与えるのは避けましょう。

クリトリスやヴァギナでローションオナニー

クリトリスやヴァギナでローションオナニーをする場合は中指や人差し指にローションを塗り、実際にデリケートゾーンに触っていく方法です。クリトリスやその周辺を優しく触りながら、痛みはないか、摩擦でひっかかる感じはないかローションの量も調節してみてください。最初はクリトリスの周りを優しく円を描くようにこすり、徐々にクリトリスの皮の上から指で挟んだり上から軽く押すように触ります。

またヴァギナ(膣内)に指をいれて性感帯の1つであるGスポットで気持ちよくなる方法もあります。Gスポットとは女性のお腹側の膣壁にあり、スポンジ状になっているこの場所は人によってはクリトリスなどよりも深い快感を得ることができます。一般的にGスポットは、膣の入り口から4㎝ほどの位置にあります。第二間接あたりまで指を入れ、指を折り曲げたら丁度あたるあたりがGスポットの場所です。このときローションなどを指にぬり、挿入したほうがスムーズに入るので、「怖い」という気持ちを軽減させてくれます。

指を動かしているとザラザラとした他の場所とは違う感触と場所がるのでそこを探していきましょう。その場所を指の腹を使って一定のリズムで押していくとオーガズムを感じることができます。これがGスポットでイクということです。Gスポットはクリトリスよりも気持ちよくなるのまでに時間がかかる場所なので焦らずに時間をかけて感度をあげていきましょう。ここで感じることができるようになるとパートナーとのセックスのときに中でもイキやすい体になります。

アナルでローションオナニー

アナルでのローションオナニーの方法を紹介します。アナルはお尻の穴を意味します。セックスが好きな方、上級者向けの性感帯です。アナルは他の性感帯とはまったく違う快感を得られる箇所でもあります。

慣れていない人がアナルにいきなり指やアダルトグッズを挿入してしまうと痛い、切れてしまなどのリスクがあるので十分に濡らす必要があります。ヴァギナと違って、アナルからは愛液のような潤滑剤はでないため、アナルでのオナニーをする場合は必ずローションやゼリーなどを使用する必要があります。またアナル専用のアナルローションやアナル潤滑ゼリーがあります。

通常のものとは粘度や滑りが違い、通常のローションよりも長時間使っても乾きにくいも特性もっています。安心してアナルオナニーをするためにローションは必要不可欠なアイテムです。アナルローションを使用するとヌルヌル感が強いため、気持ちよく感じ気持ち良さも増幅します。

まずは道具など使わずに指にローションをつけて穴の周りを指でなぞったり、指を1㎝ほど挿入してみて痛みや嫌な感覚がなければ続けて問題ありません。ポイントは表面だけでなく中にも十分に塗ることです。アナル周辺にローションを適度に塗り込んでなじんできたら、ゆっくり中へとマッサージしながら拡張していきましょう。

ほぐしながら渇きや引っ掛かりを感じたら、すぐにローションを足して常に潤っている状態にしましょう。指先の出し入れに慣れてきたら、円を描いて穴を広げるような動きにしてほぐしていきます。緊張すると余計に痛みを感じるので、リラックスすることが大切です。アナルは、今までやったことない、怖いという恐怖心があるだけでやっていない場合も多いですが、アナルが1番気持ちいいという人もいるくらいなのでマンネリ化を感じている方は挑戦してみてもいいかもしれません。

アダルトグッツでローションオナニー

アダルトグッツで代表的なものとしては、バイブ・ローターなど女性器にあてて快感を与える振動機能付きのものが有名です。バイブやローターにコンドームを装着して使用すると、ローションの汚れが付きにくいのでお手入れを楽にすることができます。また衛生的に保つことができるので、安心して利用でき、アダルトグッツを長く使うことができます。

コンドームが嫌な人は専用のクリーナーを利用してください使用後は清潔を保つためにお手入れをする使用後はお手入れをしないと一見汚れていなくても雑菌が繁殖してしまっているケースもあります。デリケートな部分に使用するので、コンドームをつけて使用し清潔に保管するようにしましょう。ローターであれば、紐の部分を持ってぶら下げながら当てるという方法もあります。

優しく小刻みにヴァギナやクリトリスに押し当てて、より気持ちいいと感じた部分には強く押し付けます。バイブはそのままローションのぬるぬるした滑りを使って、ゆっくりと挿入してみましょう。ローションのぬるぬる感によって、いつもよりスムーズに受け入れられて、中の振動や動きがより伝わってきます。

男性のためのローションオナニー

男性のローションオナニーの方法についても紹介していきます。最近、いつものオナニーがマンネリ化してきた方におすすめです。通常のオナニーにドラッグストアや通販で簡単に手に入れることができるローションをぬるだけです。普段のオナニーよりもヌルヌルとした感覚を味合うことができ、ローションをあたためておくことで人肌の感覚を味わうこともできます。まず、手に適量ローションをとって、体温であたためてから亀頭を中心に広げていきます。亀頭を中心に広げるのは、亀頭が特に摩擦の刺激に弱いからです。

保護する目的のためにも亀頭を中心につけていきます。しっかりと濡れたら、通常のオナニー をするかのように刺激を加えていきましょう。ローションを塗った状態で男性器を触っていきます。裏スジ(亀頭の根元にある薄いひだのような部分)から根元まで全体的に刺激を与えていきます。この際に、裏スジに沿わせるように上下に動かすと気持ちいいと感じる人が多いです。

しばらく続けていき、慣れてきたら親指の腹の部分にカリ首を下から引っ掛けるようにして刺激を与えていきましょう。この方法はローションをつけていない状態だと痛く感じてしまうかもしれませんが、ローションをつけることで少し強めに刺激しても快感を得られる気持ち良さに変わります。オナニーの途中で渇いてきて痛くなってしまうことがあるので、手の届く場所におき補充できるようにしていきましょう。すべりが少なくなってきたように感じたら、ローションを足すとぬるぬる感がもっとアップします。

ローションオナニーの注意ポイント

ローションオナニーをする場合は、ローションで周りが汚れてしまう可能性があります。シーツや布団が汚れてしまわないようにお風呂場などすぐ洗い流せる場所を選ぶか、バスタオルをしくことをおすすめします。また服を脱いでからローションを容器からだすようにしましょう。手にだしてから洋服を触ると汚れてしまいます。

オナニーでイッたあとは脱力感でそのまま寝てしまう人もいますが、ローションはしっかり落とすようにしましょう。体についたローションを放置してしまうと、肌の乾燥の原因になります。綺麗な肌だった人も、水をどんどん吸収してしまうカサカサ肌になってしまう可能性があります。

顔についてしまったものを放置した場合は、シミになってしまうこともあるので気をつけてください。中にはローションの成分が肌に合わずアレルギーの症状がでてしまう人もいます。アレルギーを起こしてしまう前に、パッチテストをしましょう。手にのせてみてピリピリして痛いなどの場合は即座にやめてください。

ローションを使ってオナニーの感度をさらに上げよう

毎回、同じやり方でオナニーをしていると慣れてしまい気持ち良さが半減してしまい、十分な満足感を得ることができません。ローションを使うことでリラックスすることもでき、人から触られているような感覚になるため感度もあがります。

乳首もあまり気持ちよくないと感じる人も、クリトリスなどの性器を触りながら一緒に乳首も触っていると徐々に乳首でも感じるようになります。このように性感帯を増やして感度を高めることで感度の高い体に自分を磨くことができます。ただ触るだけでなく、ローションを使うことでマンネリ化も防ぐことができて、さらなる快感を得ることができます。女性が感じている姿をみると男性も興奮するので感度を上げることはメリットしかありません。

自分も今まで以上に感じることができて、パートナーにも喜んでもらうことができます。

まとめ

ローションを使う際は、周りを汚さないように気を付ける、消費期限に注意する、ローションではなく粘膜用の潤滑ゼリーの使用、使ったあとはしっかり洗い流す。これらを守って正しくローションオナニーをして感度をあげてキレイを磨きましょう。

女性も濡れやすい、濡れづらい体質があるので、自分が濡れづらいと感じる人こそローションを使ってセックスを気持ちいいと感じてほしいです。

そのためにもローション、アダルトグッツを使ったパートナーとのセックス前のトレーニングは大切です。女性が感じていることがわかるとパートナーも性的興奮が高まり、満足感を感じてもらえます。自分の愛撫で感じてくれていることがわかるとパートナーも自信を感じることができます。さらに相手への愛情もますことになります。ローションを使うことに抵抗があった人もこの機会に1度試してみてもらえると嬉しいです。