生理とオナニーの関係、生理の時はオナニーしちゃだめ?

How toとコツ

生理とオナニーの関係、生理の時はオナニーしちゃだめ?

生理中に突然ムラムラと性欲が高まり、オナニーがしたくなるという女性は多いのではないでしょうか?
でも生理中は心も身体も敏感になっていることもあり、オナニーをしても良いのかどうかわからなかったり、経血が手や下着についてしまうことが気になって、オナニーをすることをためらってしまったりすることがありますよね。

今回は生理中にオナニーをしても良いのか、そしてオナニーをするのならどのような方法でするのが良いか、生理中のオナニーではどのようなことに注意すれば良いのかという、生理中のオナニーにまつわる疑問を徹底的に解明していきます。

結論から言うとオナニーしてもOK

結論から言えば、生理中にオナニーをしてもOKです。

女性のオナニーはホルモンバランスをととのえ、ストレス解消やリラックス効果をもたらしてくれます。特にナプキンの蒸れや生理痛、片頭痛などの体調不良でストレスのたまりやすい生理中にオナニーをすることは、女性の身体に良い影響を与えてくれるでしょう。

ただ生理中は女性の身体、特に膣やクリトリスなどの粘膜部分が非常にデリケートになっているため、オナニーをするときに注意をしなければならないことも。

生理中の心と身体を労わるオナニーの方法は後ほど詳しく解説していきますが、生理中だからといって、性欲が高まってもオナニーをしてはいけない、と我慢する必要はないということを先に理解しておきましょう。

生理中に性欲が増す理由って?

女性はホルモンバランスの関係で生理中に性欲が高まることがあります。生理中なのにムラムラするなんて、自分はおかしいのではないかと悩む必要も全くありません。

女性が生理中に性欲が増すのは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンというホルモンの分泌量の変化が関係しているといわれています。

エストロゲンは女性の身体を健康に保つ働きをするホルモンで、排卵日の前に分泌量が最も高まり、増減を繰り返しながら生理前に最も低下して、生理の後半から徐々にまた増加していきます。
エストロゲンの分泌量が増えるとともにムラムラと女性の性欲が高まるといわれているのは人間の生殖本能からであり、排卵日にもっとも性欲が強くなります。

また、生理が始まったばかりで出血量の多い生理2~3日目よりも、4~5日目などの、生理の終わりごろにオナニーやセックスがしたくなるという女性が多いのは、生理前に減少したこのエストロゲンの分泌量が増えることによるものです。

このように女性のホルモン周期からみても、生理中に性欲が増すことは自然なことなのです。

生理中のオナニーがもたらすメリット

女性がオナニーをして快感をおぼえることは、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌を促して美容に良い影響がでたり、ストレス解消効果や安眠効果、ホルモンバランスをととのえられたりするという効果があるといわれています。

では特に生理中にオナニーをすることが、女性にとってどのようなメリットをもたらすのかということについて解説しましょう。

ホルモンバランスをととのえてくれる

女性のオナニーにはホルモンバランスを整えてくれる効果があります。女性は生理中、特にホルモンバランスが乱れやすくなっており、心も身体も不安定になってしまうことがあります。

生理中に片頭痛がおきたり、イライラと落ち着かない気持ちになったりする女性も多いのではないでしょうか。

生理中にオナニーをすることでホルモンバランスがととのい、生理中のイライラなどの不快感を軽減したり、ぐっすり眠れるようになったりといった、女性の心と身体に嬉しい効果が期待できます。

性欲が解消できる

生理中にムラムラと湧き上がる、セックスをしたい、オナニーがしたいという欲望を我慢していると、それがストレスになってホルモンバランスが乱れ、体調に影響が出てしまうこともあります。

生理中は特に体調やメンタルが不安定になりやすく、ストレスが溜まりやすい時期でもあります。性欲を我慢しているストレスから、イライラを誰かにぶつけてしまったり、吹き出物などの肌荒れや不眠の原因になってしまったりと、我慢をしていても良いことはひとつもありません。

オナニーで性欲を解消できば、同時に我慢をしているというストレスも解消できますので、心と身体のバランスをととのえることができるでしょう。

食欲の低下が見込める

「食欲」と「睡眠欲」と「性欲」は人間の三大欲求と言われています。

生理中はホルモンバランスが変化するので、いつもより食欲が増して甘いものが欲しくなったり、なんだか急に眠くなったり、性欲が湧いてムラムラしたりと、いつもより欲求が強くなってしまう時期でもあります。

特に食欲は他の欲求が満たされない時に倍増してしまうことがあります。たとえば性欲を解消できずにため込んでいると、食欲が増してドカ食いに走るなど、食べ過ぎて体重が増加してしまうのが心配ですよね。

そこを解決してくれるのが、生理中のオナニーです。生理中でも我慢せずにオナニーをして性欲を満たすと、ホルモンバランスがととのい、性欲も満たされて、食欲だけに欲求が偏るのを防ぐ効果も見込めます。

生理痛が軽減する効果も!

生理中におこる不快感で、一番女性にストレスを与えるのが生理痛ですよね。
生理痛は子宮の収縮をうながし、経血を排出するために分泌されるプロスタグランジンというホルモンと、冷えて血行が悪くなることが原因の血管収縮で起こるといわれています。

女性ホルモンであるエストロゲンには血管をしなやかにし、血流をよくする働きがあります。オナニーをすることでエストロゲンの分泌量が増えると血流がよくなり、生理痛を軽減させてくれる効果があるといわれています。

膣以外の性感帯を探れる

生理中にオナニーをしたいと思っても、経血が漏れてしまうことや、強く刺激して性器を傷つけてしまうことを恐れて、膣周辺に触れるのをためらってしまうこともあるでしょう。

生理中は特に膣がデリケートな状態になっているので、雑菌が入ってしまうのも避けたいところですよね。

そんなときは乳首や耳、首筋、足など、クリトリスや膣以外にも触れて気持ちいいと感じる性感帯を自分で探してみましょう。

クリトリスや膣ほどの刺激は得られないかもしれませんが、今まで自分が知らなかった性感帯を開発できる可能性があります。性感帯が増えると普段のオナニーやセックスで、より感じやすくなる身体になることができます。

感度アップも目指せる

生理中のオナニーはクリトリスや膣を傷つけないようあまり激しくせずに、あくまで普段よりソフトタッチをすることが基本です。

ソフトタッチはいつものオナニーよりも刺激が弱く、物足りないと感じることもあるかもしれませんが、じっくりと時間をかけながらソフトタッチのオナニーをすることで、ソフトな刺激でも感じられるように自分の感度をアップさせることもできます。

また生理中のオナニーでクリトリスや膣以外の性感帯を開発したいと思うのであれば、指先を肌に触れるか触れないかぐらいの、まるで鳥の羽根で撫でられているような力加減、いわゆるフェザータッチで優しく乳首や首筋などに触れる方法がおすすめです。

性感帯を優しくフェザータッチしていると、もっと触れたいもどかしさやくすぐったさが快感に変わり、身体の外側からじわじわと体内に染み渡るように感度を高めていくことができます。

生理中のオナニーは感度をアップさせて感じやすく、よりイキやすい身体になるトレーニングであるといえるでしょう。

生理中のオナニーの仕方

生理中にオナニーがしたいけれど、身体がデリケートになっている生理中にはどのようなやり方でオナニーをすれば良いのかわからず、結局ムラムラした気持ちを我慢してしまう女性もいるでしょう。

ここからは生理中の身体を労わりながら快感を得ることのできる、オナニーのやり方をご説明しましょう。

ナプキンを付けた下着の上から

自分のベッドなどで生理中のオナニーを行う際は、胸や足、首筋などの他の性感帯を刺激しながら、ナプキンをつけた下着越しに優しくクリトリスに触れて刺激を加えるようにしましょう。

指先で円を描くようにしてみたり、とんとんと軽く叩いてみたり、物足りなければつまんでこねまわすようにして、クリトリスに刺激を与えます。

生理中は身体が敏感になっているので、ナプキンを装着した下着の上から刺激を与えても十分に快感を得ることができるでしょう。さらに、性器に直接触れないようにすることで膣内に雑菌が入るのを防ぐこともできます。

クリトリスを刺激してオーガズムに達するとき、血流が良くなっているので生理の終わりごろにも多めに出血してしまうことがあるので、オナニーをするときは大きめのナプキンを装着するか、ナプキンを普段より後ろ側にずらして装着すると経血が漏れて下着やシーツが汚れるのを防ぐことができます。

タンポンを使ってみる

生理中のオナニーで一番気になるのは、やはり経血で指や下着、シーツなどが汚れてしまうことではないでしょうか。経血が漏れると視覚的なショックから気分が冷めてしまったり、後片付けに手間取ったりしてしまいますよね。

そんなときはタンポンを膣内に挿入してオナニーをしましょう。タンポンが経血を吸収して膨らみ、経血をせきとめてくれるので漏れ出る心配はありません。念のため下着に薄いナプキンをつけておくとより安心してオナニーに集中することができます。

タンポンを使ったオナニーの方法としてはタンポンを挿入した状態でクリトリスや胸などに触れ、刺激を加えて感度を高めていきます。

膣トレをしているとオーガズムに達しやすいと聞いたことはありませんか?膣でのオーガズムは骨盤底筋というインナーマッスルの収縮によって起こります。

膣トレのようにタンポンをぐんぐんと締め付けたり緩めたりすることで膣の中に刺激を加えていくと、感度が上がり、慣れればそのまま膣でイクこともできます。

注意しておきたいのが、オナニーをする際に気分が盛り上がって指でタンポンを奥まで押し込まないようにすることです。タンポンが奥まで入ってしまうと自分では取れなくなり、婦人科などで取り出してもらうことになってしまいます。

タンポンの紐の先が必ず膣の外に出ていることを確認しながらオナニーをしましょう。

お風呂場でする

タンポンを入れるのがあまり得意ではない場合は、お風呂場でオナニーをするのも良いでしょう。経血が出ても後で洗い流せば良いので汚れる心配はありませんし、オナニーの前後に指や性器をシャワーでよく洗えば清潔さも保つことができます。

ボディソープを乳首や脚などの性感帯に塗って、ぬるぬるとした質感で感度を高めてから、クリトリスに軽く触れてオナニーをするのも、いつもベッドでするオナニーと違った感覚が得られるでしょう。

さらに、お風呂場でオナニーをするときにおすすめしたいのがシャワーを使ったオナニーです。

まずは一度身体中をキレイに洗い、清潔にした指でクリトリスに軽く触れて気分を高めます。少し気持ちいいかな、と感じるくらいで手を離し、まずは弱めの水圧でシャワーをクリトリスに当てていきましょう。

脚を開いて座ったり、立ったまま片足を段差に乗せたりと、シャワーがクリトリスに当たりやすい体勢で行うのがポイント。

お湯の温度は36℃~37℃と体温に近いくらいで、弱めの水圧から徐々にシャワーの水圧を強くしていきます。

気持ちいいと感じたら一旦水圧を弱くしたり、また強くしたりを繰り返して、いよいよ大きな快感の波が来たらシャワーの水圧を一気に上げ、オーガズムに。

お風呂場は大抵声や音が漏れにくい作りになっていますし、思わず声が出てしまってもシャワーの音でごまかすこともできますので、家族と一緒に暮らしている人にもおすすめです。

プライベートな空間で誰にも聞かれることなく、思いきりオナニーを楽しむことができるでしょう。

シャワーオナニーで注意しておきたいのは、あまり高い温度のお湯を当てないことと、水圧を強くしすぎないこと。デリケートな部分ですから、あまり刺激しすぎると火傷や痛みの原因になります。

生理中でも使えるアダルトグッズ

生理中は衛生面から指で直接性器に触れるのは避けたいものですね。でもナプキン越しに指で刺激してもなんだか物足りない。そんなときはアダルトグッズを使用してオナニーをしましょう。

デリケートな生理中にはあまりグッズを使用しない方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、使い方や衛生面に気を付ければ生理中でも安全に使用することができます。

バイブレーター

生理中でもどうしても膣内に挿入がしたいと感じる場合は、指よりもバイブレーターを使用するのが衛生的にもおすすめです。

バイブレーターとは男性器の形状を模した棒状のアダルトグッズで、主に女性の膣に挿入して使用するもの。電動でバイブレーション機能やスイング機能があり、膣内にある女性の性感帯を刺激し、女性をオーガズムへと導きます。

バイブレーターは根元にクリバイブといってクリトリスを刺激する小さなバイブレーターがついているものも多く、外イキと中イキを両方味わえる便利なアダルトグッズですが、生理中は特に雑菌が膣内に入りこむのを避けるため、コンドームを被せて挿入するようにしましょう。

コンドームを被せたバイブレーターを挿入する際は、出し入れするときやバイブレーターを抜くときに経血がこぼれることを考えて、すぐに洗い流せるお風呂場で使用するのが良いでしょう。その際、自分のバイブレーターが防水加工のものであるかチェックすることも忘れずに。

防水加工をうたっていても、丸洗いしたら壊れて使えなくなってしまった、ということもあります。バイブレーターをお風呂場で使用したり、汚れたバイブレーターを洗ったりする時は電池の部分はタオルなどで覆い、水がかからないようにしましょう。

バイブレーターを挿入してオナニーをするときは、あまり激しく出し入れしたり、オーガズムに達したいからといって奥まで突こうとしたりするのはあまりおすすめできません。

膣内は子宮内膜が剥がれ落ちで経血となり、外に出ようとしている非常にデリケートな状態です。経血が出ようとしているのをバイブレーターで押し戻すと、子宮内膜症の原因になることもあります。

挿入だけで強い快感を得ようとせず、クリトリスへの刺激や他の性感帯への刺激をメインにして、バイブレーターの挿入はあくまで優しく行うことをおすすめします。

ローター

生理中、指やグッズを挿入することには抵抗があるけれど、せめて外イキはしたい!そんな場合は薄いナプキンをつけた下着の上からクリトリスにローターをあてて刺激をしてみましょう。

ローターとはピンクローターとも呼ばれるアダルトグッズで、主にバイブレーション機能でクリトリスを刺激するために使用されています。

ローターはスイッチ部分とバイブレーション部分がコードで繋がっていて、スイッチ部分で振動の強さを変えることができます。電池式で軽量、小型で持ち運びしやすく、安価なものが多いのでアダルトグッズ初心者でも気軽に試すことができるグッズであるといえます。

バイブレーション部分はクリトリスにあてて使ったり、膣内に挿入したりして使用できますが、生理中は薄めのナプキンをつけた下着の上からクリトリスにあて、手元のスイッチでバイブレーションの強弱を切り替えて、クリトリスへの刺激を楽しむことをおすすめします。

膣内に挿入したい、または直接クリトリスに当てたい場合は衛生面から、必ずバイブレーション部分にコンドームを被せて使用するようにしましょう。

デンマ

ローターよりも強い刺激を求めているのであれば、ナプキンを付けた下着の上からデンマをあててみるのも良いでしょう。

デンマとは電気マッサージ器の略称で、本来はそのバイブレーション機能で肩や腰の凝りをほぐすためにつくられた健康器具ですが、クリトリスに当てて使用するとたちまちオーガズムに導いてしまうという強い振動が魅力です。

本体はコード式で大きめ、その分ローターよりもパワフルなのでしっかりとした刺激を求める人にはデンマがおすすめです。最近は充電式や電池式で小型のものも販売されていますが、パワー面を考えればコード式が一番強いでしょう。

デンマも手元のスイッチで振動の強弱を切り替えることができます。最初は弱めの振動、物足りなければ振動を強めに、といったようにバリエーションを変えてクリトリスを刺激しましょう。

デンマも生理中は直接クリトリスに当てず、ローターと同じように薄手のナプキンの上からあてるようにしましょう。デンマはパワーが強いので、ナプキンの上からでも十分にクリトリスを刺激することができます。

先端が大きいデンマはコンドームが入らないこともありますので、どうしても直接当てたい場合はデンマ専用のコンドームを用意しましょう。デンマ専用のコンドームはアダルトグッズ専門の通販ショップなどで購入することができます。

デンマは振動が強いので、オーガズムに達するときに経血が多めに出たり、愛液が迸ったりすることもあります。周りを汚さないためにはナプキンやタンポンを装着してからオナニーをすると後片付けも簡単です。

ただデンマを使いすぎるとナプキンと擦れてしまい、デリケートゾーンの黒ずみの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

注意点

生理中は身体の状態がいつもと違うため、普段のオナニーと同じ方法ですれば良いというものではありません。
心と身体の両方が敏感になっている生理中のオナニーで、特に注意しておきたいことをご説明します。

衛生面に気を付けよう

生理中は身体が普段よりも抵抗力や免疫力が低く、デリケートになっているので、膣内に雑菌が入りやすく、自分の免疫でブロックできずに細菌性膣炎などの感染症を引き起こしてしまう可能性があります。

オナニー前後は性器周辺をきれいにシャワーで洗い流し、手や指、爪の間もキレイに洗っておくようにしましょう。

特に爪の間には雑菌が溜まっていることが多いので、できることならば指で直接クリトリスや膣に触れるのは避けた方が良いですね。爪の長い女性はクリトリスや膣口を傷つけてしまうこともありますので特に注意しましょう。

力加減に注意

生理中は経血で濡れているのでいつもよりすべりがよく、性器周辺の肌も粘膜も柔らかくなっています。

普段と同じような力加減でクリトリスを触ったり、指やバイブを挿入して激しく動かすようなオナニーをすると、傷がついたり痛みをおぼえたりすることも。

経血に混じってわからなくなっているけれど、実は粘膜が傷ついたことによる出血があるかもしれません。気づかずにそのまま激しいオナニーをしていると、どんどん傷が広がってしまうことにも。生理中はあくまで優しく、ゆっくりと感度を高めていくのがポイントです。

また、普段と同じような快感を求めるあまり、力が余って指やバイブを勢いよく挿入してしまったり、奥を突きすぎたりしてしまうことにも注意しましょう。生理が終わっているはずなのに、オナニーをすると出血するという場合は、クリトリスや膣内のどこかが傷ついている可能性があります。

漏れ対策は万全に

自分の部屋、特にベッドでオナニーをする場合は、経血が漏れて周りを汚してしまうことがあるので、しっかりと漏れ対策をすることが必要です。

クリトリスを刺激するときはタンポンを入れておき、大きめの夜用ナプキンを若干後ろにずらす様にして下着に装着すれば、お尻を伝って経血が漏れても受け止めることができます。

また、ベッドに濃い色のバスタオルを敷いておくと、万が一漏れても視覚的なショックが少なく、タオルを洗えば良いだけなので後片付けがラクですね。

経血が付着した下着やタオルは、必ずお湯ではなく水で汚れたところをつまむようにして洗いましょう。布についた血液はお湯で洗うと固まってしまい、落ちなくなってしまうことがあります。

湯舟ではしないこと!

お風呂場でオナニーをするときは、湯舟ではなく洗い場で行うことをおすすめします。

湯舟には目に見えない雑菌や汚れが浮遊しています。
普段は自分の免疫力で感染を防ぐことができても、生理中という膣内の免疫力が低下している状態でオナニーをすると、湯舟のお湯の中にいる汚れや雑菌が膣内や粘膜についた小さな傷に入り込み、膣炎などの感染症を引き起こしてしまう可能性があります。

オナニーは必ず湯舟の外で行い、前後にはシャワーでキレイに洗い流す様にしましょう。ただ、膣には自浄作用といって、膣を健康に保つため、入り込んできた雑菌を殺す作用があります。

デリケートな部分を洗いすぎると自浄作用のバランスが崩れ、逆に雑菌が繁殖しやすくなることもありますので、あまり石鹸やボディソープでゴシゴシ洗うのは避けましょう。

グッズには必ずコンドームを

生理中のオナニーでアダルトグッズを使用する際は、コンドームを被せて直接膣やクリトリスに触れないようにしましょう。

きちんとお手入れをしているつもりでも、グッズに雑菌が繁殖していることがあります。雑菌のついたグッズでデリケートな部分に触れると、雑菌を膣内に押し込むこととなり、感染症を引き起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

また、グッズが経血で汚れてもコンドームを付けていれば、本体に直接経血が付着することがないので後の処理も簡単です。

コンドームを外したら、防水加工のものであれば軽く水洗いした後、除菌スプレーをかけて柔らかい布で拭いておいたりして、グッズを清潔に保っておくのが良いでしょう。

アダルトグッズはデリケートな部分に使用するものなので、使用する前と後で衛生管理をきちんとしておくことをおすすめします。

最近はアダルトグッズ専用のコンドームも多く販売されているので、消耗品であると思って購入しておきましょう。

まとめ

生理中にオナニーをするなんて、いけないことをしているような気になるという女性もいるでしょう。

しかし、生理中に性欲が強くなるのは女性のホルモン周期的にも全くおかしいことではありませんし、逆に性欲を発散できずに我慢してしまうことの方がホルモンバランスに悪影響を与えることがあります。

生理中だからオナニーをしてはいけないということはありません。ただ、生理中のクリトリスや膣は非常に敏感で免疫力が低下している状態なので、デリケートな部分を傷つけないように優しく、衛生面に気を遣って行うようにすることが大切です。

生理中は乳首や足、首筋などの女性器以外の性感帯をメインに刺激して気分を高め、最後に少しクリトリスに触れたりグッズを挿入するなど、身体に優しく、かつ自分が気持ちいいと感じるオナニーのパターンを見つけ出すのも良いでしょう。