女性のためのバイブオナニーの方法、簡単にオーガズムに達するテクニック

How toとコツ
Woman pleasuring herself with vibrator

女性にとってオナニーは自分の性的な欲望を満たすためだけではなく、美容やストレス解消といった心も身体も喜ばせるための行為であるとして、今までオナニーという言葉に抱いていた後ろめたい、恥ずかしいというイメージから、もっと前向きで自由なイメージに変わりつつあります。

現代では女性のほとんどがオナニーをした経験があると言われていますが、オナニーをする際に、バイブなどのグッズを使うことにはまだ後ろめたさや抵抗があり、自分の指を使ってオナニーをするという女性が多数を占めています。

それは何故かというと、バイブレーターなんてAVで目にするようないやらしいもので、自分で購入してオナニーに使用するなんて恥ずかしいと思っていたり、バイブを使ってオナニーをし続けていたらパートナーとのセックスでイケなくなってしまうのではないかという不安があったり、単純に痛そうでとてもイケそうにないというイメージがあったりと、バイブを使うことに興味はあってもなかなか手が出せないという女性が多いようです。

今回はまだバイブを使ってオナニーをしたことがないという女性のために、バイブオナニーの魅力やその方法、バイブを使って簡単にオーガズムに達する方法をご紹介しましょう。

バイブレーターって?

そもそもバイブレーターとは一体どのようなものなのか、見たこともないしよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

バイブレーターとは主に男性器の形に似せて作られた女性向けのアダルトグッズで、電気の力で振動し、ペニスや指の代わりに膣に挿入したり、クリトリスを刺激したりすることで快感を得るというものです。

その振動はスマホのマナーモードを3倍以上パワフルにしたほどのもので、微細な電動バイブレーションが女性の性感帯を刺激します。

市販されているバイブレーターの色や形、長さなどは様々ですが、よくAVに出てくるようなちょっと大きめで、もろ男性器といったようなグロテスクな形のものだけではありません。

最近では女性が持ちやすいように小さめに作られたものや、持っていても抵抗が少ないスタイリッシュでポップなデザインのバイブレーターが沢山販売されています。

バイブでオナニーするのは気持ちいい?

バイブを使ったオナニーでは、その電動バイブレーションの刺激により、指を使ったオナニーやパートナーとのセックスでは感じることのできない強い快感を得ることができます。

そのバイブレーションでクリトリスを刺激すれば外イキもできますし、バイブを挿入することによって自分が感じるスポットを狙って刺激できるので、指では届きにくい膣の奥まで刺激し、指オナニーでは難しかった中イキができるようになる可能性もあります。

また、バイブレーションの強さや間隔も自分で調整することができるので自分のペースで刺激を加えて連続して何度もイクこともできます。

女性がバイブでオナニーをしてイク、つまりオーガズムに達すると、ただ気持ちがいいだけではない、女性には嬉しい効果が沢山あります。
① ストレス解消
女性がオナニーで快感を得ると、脳内でドーパミンやβエンドルフィンという幸福感をもたらす神経伝達物質が分泌され、ストレスの軽減に繋がります。オナニーはセックスとは違い、自分のペースでオーガズムに達することができるため、よりリラックス効果やストレス緩和効果が高いといわれています。
② 安眠効果
女性がオナニーをしてオーガズムに達すると、愛情ホルモンとも呼ばれているオキシトシンという物質が多く分泌され、オナニー後はリラックスして安眠しやすくなるという効果があります。
また、女性がオナニーでオーガズムに達したときに消費されるカロリーは概算でウォーキング10分に相当するといわれています。カロリーを消費して心地よい疲れを感じることも、安眠効果に?がります。
③ 美容効果
女性がオーガズムに達すると、美容に効果的なホルモンが多く分泌されます。先ほど挙げたオキシトシンは肌荒れを防ぐ効果があります。

また、快感を得ることで女性ホルモンのエストロゲンも分泌されます。エストロゲンが分泌されると体内でコラーゲンが生成されるので、肌の弾力やハリが生まれます。さらにはバストアップ効果も期待できます。

また、若返りホルモンのDHEAの分泌も促され、潤って滑らかな若々しい肌に導いてくれるのです。
④ 自分の性感帯を発見できる
バイブを使い、指では届かない場所まで刺激をすることにより、今まで自分でも気づかなかった新しい性感帯を開発できることもあります。

また、自分の感じやすい場所を刺激して開発することで、パートナーとのセックスでそこを刺激されたときにより感じやすくなることもできます。

さらに、オナニーをすることで膣内の感度が上がるとともに、膣内のインナーマッスルが鍛えられて締まりが良くなり、よりオーガズムに達しやすい身体になることも。

バイブを使った気持ちいいオナニーのやり方

バイブを使ったオナニーって本当に気持ちいいのか疑問だったり、気持ちよくなれるバイブオナニーのやり方がわからなかったり、という女性のために、簡単に気持ちよくなれるバイブオナニーの方法を具体的にご紹介します。

まずは気分、雰囲気を作りましょう

女性のオナニーはただ身体的な快感を求めるオナニーとは違い、まず心の準備をすることから始めると気持ち良さが全然違います。

まずは直接身体に触れる前に、エッチなシーンのある漫画や小説を読んだり、DVDを観たりしてエッチな気分を高めておくと、脳がより直接的な快感を欲しがって、その後のオナニーで感じやすくなります。

また間接照明をつけてみたり、アロマを焚いてリラックスしてみたりして、セクシーな雰囲気作りをするのも良いでしょう。

服の上から刺激してみましょう

バイブオナニーとは言いつつも、いきなりバイブをむき出しの性器に当てると、刺激が強すぎたり、まだ身体の準備ができていなかったりして痛みをおぼえることがあります。

まずは服を着たままでバイブの電源を入れ、服の上から軽く乳首にバイブをあててみましょう。ブラジャーを外した状態で服を着て、その上から弱い振動を加えると、衣服ごしにバイブの振動がじんわりと伝わり、快感が広がります。

乳首への刺激で快感が高まってきたら、次はショーツの上からバイブを当ててみましょう。割れ目をなぞるようにバイブを動かしたり、少しずつ振動を強くしていったりして、焦らすよう徐々に刺激を加えていきます。

愛液が滲み出てショーツに湿り気が出てきたら、次は直接バイブを肌にあてていきます。

クリトリスなどを刺激しさらに快感を高めましょう

バイブを直接あてる前に、バイブを40℃~42℃のお湯に20秒ほどつけるなどして挿入する部分を人肌程度に温めておくと、肌に触れたときにヒヤッと冷たくて、今まで高めてきたエッチな気分が削がれてしまうのを避けることができます。

ショーツを脱いだら、バイブを大陰唇や小陰唇といったクリトリス以外の部分に軽くあて、割れ目を這うように上下にバイブを動かして周りから刺激を加えていったり、クリトリスに触れるか触れないかのギリギリのところから徐々に近づけたりして、焦らしながら刺激を加えていきましょう。

快感をおぼえはじめたらクリトリスから離し、またゆっくりあてるというのを何度か繰り返すことで、イキそうでイケないもどかしさでまた快感が高まります。クリトリスは敏感な部分なので、あまり強い刺激を与えすぎないようにしましょう。

クリトリスで快感をおぼえ、膣がたっぷりと濡れているようであればいよいよ挿入です。

準備が整ったらバイブを挿入してみましょう

バイブを挿入する前に必ずやっておきたいのが、膣内に入りこむバイブのヘッド部分にコンドームをかぶせておくことです。膣内に雑菌が入り込むのを防ぐことができますし、オナニーが終わった後はコンドームを外せば処理も簡単です。

バイブの準備が整ったら、クリトリスを刺激しながら指を第二関節くらいまで膣内に挿入し、クイクイとおへそ側に動かしてみましょう。膣内が十分に濡れていて、ある程度膣内で快感をおぼえるようであれば、挿入の準備ができているということです。

濡れてはいるけれどあまり滑りが良くないと感じたら、人肌に温めたローションをバイブの先端に塗ってみるとスムーズに挿入することができます。最近は温感ローションといって、わざわざ温めたりしなくてもぬくもりを感じられる成分を含んだローションも販売されています。

バイブの先端をゆっくりと膣内に挿入したら、最初はしばらく一番弱い振動のままにしておきます。バイブの振動が身体になじんできてから、膣壁にそってゆっくりと奥へバイブを挿入し、女性の性感帯のひとつであるGスポットを探ります。

バイブが膣口から少し入ったところのおへそ側にあるGスポットをとらえたら、振動を強くしてGスポットを刺激します。少しおしっこに行きたい感覚になったり、Gスポットからの分泌液が噴き出る、いわゆる潮吹きが起こったりすることもあります。

Gスポットを刺激して膣内がほぐれたら、バイブを手で出し入れしてみたり、振動の強さや種類を変えたりして自分の気持ちいい刺激を、オーガズムに達するまで探ります。

バイブによってはただ振動するだけではなく、うねったりスイングしたりするものがあるので、スイッチで切り替えて自分好みの動かし方を探ってみても良いでしょう。クリバイブがついているものなら、クリバイブのスイッチを入れればクリトリスと膣内を同時に刺激することもできます。

バイブの刺激に慣れてきたら、バイブを固定して上から覆いかぶさるようにして挿入したり、手で持って後ろから挿入してみたりして、騎乗位やバックの雰囲気を味わってみましょう。パートナーとのいつものセックスではしないような体勢も、バイブオナニーならば経験することができます。

使用後はきれいに洗い清潔に保ちましょう

オナニーが終わった後は、コンドームを外し、バイブのお手入れをしましょう。コンドームをしていても愛液やローションが付着してしまうこともありますし、汚れたまま放置していると雑菌が繁殖してしまいます。

バイブは電池で動く精密機器なので、「水洗いOK」と書かれているものであっても電池の部分まで水が入ると壊れて使えなくなってしまうことがあります。

洗う時は電池の部分を避け、洗い終わったら乾いたタオルやティッシュで乾拭きをして水分を完全に拭き取るようにしましょう。

バイブの大半はシリコンでできているため、むき出しのまま引き出しなどにしまっておくと、せっかくお手入れをしたのにホコリや雑菌がついてしまいます。また、ひとつの袋に複数のバイブを一緒くたに入れておくとバイブ同士がくっついてしまうこともあります。保管するときはひとつひとつ、タオルなどの清潔な布に包むか、通気性の良い布でできたポーチなどに入れて保管しましょう。

シリコンやゴムは高温多湿の場所に置いておくとその水分によってバラバラに分解されてしまうことがあるので、洗面台の下など湿気の多い場所に置いておくのはおすすめできません。

アダルトグッズを販売している店舗ではバイブのお手入れが簡単にできる専用クリーナーや除菌スプレーを取り扱っていますので、バイブを買う時や消耗品のコンドーム、ローションを買う時に一緒に購入しておくと良いでしょう。

バイブでオーガズム?

バイブを使ってイク、つまりオーガズムに達することはできるのか疑問に思う女性もいるでしょう。バイブを使って達することのできるオーガズムはひとつだけではありません。3種類に分かれていて、それぞれいき方、感じ方が違います。

ここからはバイブオナニーでイクことのできる、外イキ・中イキ・奥イキのいき方についてそれぞれ詳しく解説していきます。

バイブを使って外イキ

外イキとはクリイキとも呼ばれており、クリトリスへの刺激によってオーガズムに達することをいいます。クリトリスは女性の最大の性感帯とも呼ばれるほど敏感で、3つのオーガズムの中で唯一身体の外にあり、簡単に指で触れることのできる場所です。

簡単に触れられて刺激しやすく、また敏感な部分であることから、他のオーガズムは経験したことがなくても外イキだけは経験したことがあるという女性も多いでしょう。

クリトリスは女性の尿道口の上にある少しぷっくりとしたところで、男性で言えばペニスに相当する部分で、快感神経が密集している場所です。男性のペニスと同じように、快感をおぼえると膨らんで勃起します。

バイブを使って外イキに導く方法としては、クリトリスに直接バイブをあてて、押したり震わせたりという刺激でオーガズムに達するというものです。バイブは振動の強さやリズムをスイッチで切り替えられるものが多いので、指を使うよりずっと長く、自分好みの強さとリズムで刺激し続けることができます。

外イキの感じ方は、ビリビリとした鋭い快感が電気のように走り、触っている部分からじんわりと広がって解放されていくような感覚であると言われています。他のオーガズムに比べるとピンポイントで、瞬間的に絶頂に達します。

バイブを使って中イキ

中イキとは膣イキとも呼ばれており、膣内にあるGスポットという領域を刺激してオーガズムに達するというものです。

Gスポットとは恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域のことを指します。膣口から3~5センチ入ったおへそ側に存在していて、クリトリスのようなピンポイントではなく小さな範囲です。

Gスポットは恥骨の裏側にあり、膣口から中指を第二関節ほどまで挿入しておへそ側に指を曲げると、ちょうど第一関節あたりに触れる少しザラザラした部分です。クリトリスとは違い、触れるだけですぐ快感を覚えるというよりは、セックスやオナニーによって開発され、強い性的快感をおぼえるようになります。

バイブを使って中イキをする方法としては、Gスポットにあたるように角度のついたバイブを挿入し、じっくりとGスポットを自分で探し、Gスポット上をスライドするように刺激し続けてオーガズムに達します。Gスポットの快感は徐々に開発されていくことが多いので、自分が気持ちいいと感じる部分を何度も刺激することが必要です。

人によってGスポットの場所が微妙に違うので、Gスポット付近を先に指で探ってからバイブを挿入しても良いでしょう。

Gスポットは尿道に近いので、刺激をし続けると最初はオシッコがしたいような感覚をおぼえることがあります。それを我慢して刺激をし続けるうちに、全身の力が抜けてフワッと浮くような感覚に陥り、身体全体に快感が溢れて広がります。それが中イキの感じ方であると言われています。Gスポットでイクことにより、潮吹きしてしまう女性も珍しくありません。

バイブを使って奥イキ

最後に、奥イキについてご説明します。奥イキとは子宮口付近にある、ポルチオという場所を刺激して達することのできるオーガズムのことです。

ポルチオは膣内の奥にある、子宮口が膣側にポコッと飛び出た部分のことで、指を膣の奥深くまで挿し込んで触れる、少しコリっとした感覚がする場所のことです。

クリトリスやGスポットのように指で擦って刺激するというより、押したり突いたりして快感をおぼえます。奥深くにあるということで、指で刺激をするというよりはバイブやペニスで刺激した方が快感を得やすいでしょう。

ポルチオはGスポットと同じように最初から気持ちいいと感じる部分ではなく、快感を得るためには開発を必要とする場所です。

バイブを使って奥イキをするためには、指では届きづらい膣の奥に届くようなある程度長さのあるバイブを使い、最初はバイブのスイッチを入れずにバイブを挿入し、軽くポルチオを刺激します。

その後慣れてきたらバイブのスイッチを入れ、振動で膣の奥をほぐす様にじっくりと弱い振動を与えます。じんわりと快感をおぼえ、もっと刺激が欲しいと感じるようになってから、バイブを手で動かして振動を加えながらとんとんとポルチオを軽く突くように刺激します。

奥イキの感じ方は身体の奥深くから湧き上がる強い快感が、長ければ数分間持続するようなもので、クリトリスのような瞬間的な快感や、Gスポットのようなふわっと浮き上がる快感とは違い、打ち寄せては引いていく快感の波が次々と起こる連続したオーガズムであるといわれています。

バイブオナニーのポイント!

バイブオナニーをする際は、自分の快感に没頭し、より深い快感を追求するために、誰にも見られることのないような状況で、かつゆったりとリラックスした気持ちで行うのが良いでしょう。

女性のオナニーは脳からも快感をおぼえて気持ちよくなるものなので、ちょっと刺激的なシチュエーションを想像したり、エッチなDVDを観たりしてからバイブを使うとより快感が高まります。

いつも同じようなオナニーをしていて飽きてしまった場合は、何種類かバイブを揃えてみたり、時にはローションを使って滑りをよくしたりぬるぬるとした感覚を味わってみたりするとまた新たな刺激を楽しむことができます。

オナニーをする際、愛液で汚れたりローションが垂れたりすることがあるので、すぐそばにティッシュを用意しておいたり、身体の下にバスタオルを敷いたりしておくと後の処理がラクになります。

オナニーで使うバイブの正しい選び方

バイブと一言で言っても、一体どれを選べば良いのかわからないこともあるでしょう。太さや長さも様々ですし、柔らかいものや硬いもの、クリトリス用バイブのついたもの、イボイボとした突起がついたもの、ヘッドが大きいものなど、種類が沢山あります。

最初にバイブを購入するときは、肌当たりの柔らかな素材のシリコン、またはエラストマーという樹脂製で、あまり太すぎたり長すぎたりしないものを選びましょう。機能はバイブレーションとスイング、クリバイブ程度のシンプルなものが良いでしょう。太さと長さは直径3.5センチ、長さは15センチほどが初心者向けバイブの目安です。

最初から太すぎるものや長すぎるもの、本体に沢山の突起がついているものを選んでしまうと刺激が強すぎたり、身体を傷つけてしまったりする恐れがあります。

オナニーを続けるうちに自分がクリイキ、中イキ、奥イキのどれが一番感じるのかわかってくるはずです。そこからより自分の気持ちいい場所を刺激するために、自分の求めるオーガズムに特化したバイブや、よりパワフルな刺激を加えられるバイブを買い足してみるのもおすすめです。

バイブオナニーで気持ちよくなるテクニックとコツ

バイブオナニーでクリではイケても、なかなか中や奥でイクのは難しいかもしれません。そこで、バイブオナニーで気持ちよくなるコツをいくつかご紹介しましょう。

初心者はまず足をピンと伸ばして行うと、お尻や太ももの筋肉が緊張し、その緊張が膣に伝わって締まりが良くなるのでオーガズムに達しやすいでしょう。

また、膝を立てて脚をM字に開いたM字開脚の体勢でバイブを挿入しても自然に太ももに力が入り、そこにバイブの刺激が加わってイキやすくなります。

一番深い快感である奥イキ、ポルチオでイクのは初心者では難しいかもしれません。ポルチオでイキやすくなるためには、一度クリトリスで外イキしてからバイブを挿入すると良いでしょう。

女性の身体は精子を受け入れるため、性的な快感を覚えると子宮口が下がってくる構造になっているので、クリを刺激してからバイブを挿入すると子宮口付近にあるポルチオに当たりやすくなります。

どんなやり方で快感をおぼえ、オーガズムに達するかは人それぞれですし、それをどのようなやり方で探すかも人によって違います。

より深く強い快感を求めるのであれば、自分の性感帯を探り、そこを磨き上げるような気持ちで開発を続けていくのが良いでしょう。気持ちいい場所をひたすらに開発していくうちに、自分でも知らなかった場所に隠されていた快感の扉が開くときが来るはずです。

バイブオナニーによって自分の身体を開発していくと、心と身体が快感を覚えているので感度が上がり、今までパートナーとのセックスではイカなかったという女性でもオーガズムに達することができるようになるといわれています。

最初はストレス解消や美容目的など、自分の心と身体を喜ばせるために始めた行為だったとしても、バイブオナニーはいずれパートナーとのセックスライフも充実したものに変えてくれるでしょう。